ブログ

「『きく』と『みる』」8月7日号 心のメール通信『Win Win』

おっはようございま?すV(^0^)
今朝は「『きく』と『みる』」です。
車工場で、ある日、上司が「問題はないか?」と『聞く』と、部下は「ありません」と答えました。
しかし、自分で見て回ると、問題が目につきました。
そこで、詳しく聴いてみると、「実は、問題が、、」と返ってきました。
「まだあるな」と感じて、「あそこはどうだ」と訊く(きく)と、「実は、、」とさらに問題が出てきました。
これは『きく』違いの実例です。
「きく」には3つあり、音が自然に耳に入る程度の軽く『聞く』のと、注意深く『聴く』、
相手に質問してききたいことを引き出す『訊く』があるといいます。
かの本田宗一郎さんは、この『きく』のどれを使うかで答えも変わることを仕事に活かしていました。
そしてまた、『みる』違いも、大切にしていました。
ある時、本田さんは、「松の木」を描こうとしましたが、途中で、どうすれば「松の木」に見えるかわからなくなってしまいました。プロの知人の画家に描いてもらうと、当然見事に描き上げました。
この差がプロの違いだと指摘します。
「私たちの見る目というのは『見学の見』で見ている、画家は『観察の観』で見ている」と。
「『みる』と『きく』」
このありふれた言葉が、いかに大切な意味を持つのか、勉強になりました。
同じ仕事でも、何も考えずに、ただこなせば、何も気がつかないし、アイデアなど浮かぶはずがありません。
行動に意味を感じ、考えながら行えば、必ず問題に気づき、改善策も思いつく。
大切なこと、うまく伝わっていますか?
『目的を意識する』
今日も、ただ商品を並べているわけでも、
ただ鏡を拭いているわけでも、
ただ道具を揃えているわけでもありませんよね。
すべては、幸せな時間を提供できる、おもてなしの準備だったり、お客様が笑顔になれるスパイスだったり、必ず意味がありますね。
今日もプロの視点で『きく』と『みる』を実践しましょうV(^0^)
限りある命
今日生きてる、自分自身にありがとうにこにこ
今日も早速、天国言葉を言いましょう!
「愛してます」
「ツイてる」
「うれしい」
「楽しい」
「感謝します」
「幸せ」
「ありがとう」
「ゆるします」
『あなたにすべての良きことがなだれのごとく起きます』
笑顔で人にやさしい素敵な一日を!
橋本浩

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. まず初めに、この度の西日本エリア中心の豪雨により被害を受けられた皆さまへ、謹んでお見舞い申し上げ...
  2. 「なんて情熱的な音なんだ‼」ソフトバンクのCMでおなじみのプロコフィエフ作曲の...
  3. ご存知でしょうか? 今、日本では新しい公害が生まれています。
  4. 6月の北海道、なぜか週末は天気が崩れる・・・梅雨がない北海道と言われるが、この6月も、7月の...
  5. おはようございます!橋本浩です。

カテゴリー

アーカイブ