ブログ

「ハチドリのひとしずく」1月5日号心のメール通信『WinWin』

「受け取る相手と自分自身と世の中で幸せを共有するために」

おはようございます!今朝は『ハチドリのひとしずく』です

南アメリカの先住民に伝わるこの物語を共有いたしましょう。

//////////

   森が燃えていました
   
   森の生き物たちは

   われ先にと逃げて行きました

   でもクリキンディというハチドリだけは

   行ったり来たり

   口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは

   火の上に落としていきます

   動物たちはそれを見て

   「そんなことをしていったい何になるんだ」と言って笑います

   クリキンディはこう答えました

   「私は、私に出来ることをしているだけ」・・・

////////

私たち人間は自然界に大きな影響を与えるほどの数になりましたが、ひとりひとりは小さな存在です。

しかし幸いなことに私たちは、水のしずくをたくさん集めれば、火を消せるということを知っていますし、

その気になれば実行することもできます。

ただ、その仕事の大きさを前にしたとき「そんなことして何になるんだろう」と思ってしまいます。

私たちは、今の自分自身にとって、あまりにも大きな課題だと感じると、弱気になり、無力感に押し潰されそうになります。

目の前の課題を達成することは、人類初で前人未踏の快挙であることばかりではありません

先住民から伝わる、このハチドリの物語は、事実を知り、課題をクリアするために、

自分の出来る行動を、コツコツと積み重ねる大切さを、私たちに教えてくれています

今日の微力は明日への希望です

限りある命

今日生きてる、自分自身にありがとう

今日も早速、天国言葉を言いましょう!

「愛してます」「ツイてる」
「うれしい」「楽しい」
「感謝します」「幸せ」
「ありがとう」「ゆるします」

『あなたにすべての良きことがなだれのごとく起きます』

笑顔で人にやさしい素敵な一日を!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. たいふういっか・・・「台風が過ぎ去った後のように、周りが雑然とぐちゃぐちゃになるような騒々しい家族」...
  2. 世界一わかりやすい紙芝居によるケイ素説明会を開催します。
  3. アメリカの小売業をインターネット通販のアマゾンが席巻し、実店舗を展開する百貨...
  4. 秋のキャンプは、星空がとても奇麗で幻想的でもある。紅葉も美しい。虫も少なく快適。
  5. 会社というものは経済活動の基盤でもあるがその法人力を活かして、そこで働く人たちの夢を応...

カテゴリー

アーカイブ