ブログ

「励ます言葉の先にあるモノ」7月11日号 心のメール通信『Win Win』

おっはようございま?すV(^0^)
今朝は「励ます言葉の先にあるモノ」です。
3年B組金八先生のモデルとなった、坂本光男さんの著書『子どもを励ますことば』に
こんなエピソードがありました。
////////
ある日、2歳半くらいの子を連れた二人のお母さんが、公園の芝生でボール遊びをしていました。
子どもは、男の子と女の子。それぞれにお母さんがボールを投げ、受けとらせようとしているのです。
私が見ていると、女の子は意外に上手でした。
20分ばかりの間に、両手とあごを使って10回に一度くらい受けとれるようになりました。
この時のお母さんの喜びようは、たいへんなもの。
『できたぁ、すごい』
と手を叩き、ジャンプです。さらに続けました。
ところがその女の子は、間もなく途中で止めてしまいました。
お母さんは上手な時は激情的にほめるのですが、受けとれなかったときに
『ああ、だめだ』『また、落とした』と、
なじるような調子で言う。
それがこの子に、やる気を失わせたようなのです。
不機嫌な顔で、ブランコの方へ走って行ってしまいました。
一方の男の子は、あまり上手ではありませんでした。
頭にぶつけたり胸に当てたり・・・落としてばかりいます。
でもやめません。顔には、まだやる気がみられます。
『なぜだろう?』
と見ていると、お母さんの言い方が違っていました。
『いいよ、それでいいよ。さっきより手の中に入れるのがうまくなったよ』と、
決してなじるようなことは言わない。
小さな変化(進歩)を見つけては、我が子を励ましつづけているのです。
ですから女の子がブランコの方へ行ってしまってからも、男の子はお母さんと続けていました・・・
////////
さすが坂本先生、わかりやすいですねV(^0^)
その結果をただほめるのではなく、励まして希望を見せる
この事実は、人を成長させたいと思う時に是非活用したいですね!
そして、これは、他人ではなく、
『自分のやる気』の継続に、非常に効果的ですV(^0^)
『自分を励ます』
誰も気づかない、だけど自分にはわかる小さな変化・・
その変化に気づき、『ここは少し良くなった!先週はこれ、全くわからなかったなぁ?』とか、
『成長したなぁ?、やるなぁ私!続けたから出来たんだなぁ?、よし!』と、
自分で自分自身を励ましましょう!
私たちは、誰でも、成長し続けることができます!
今日も勇気を持って、一歩踏み出しましょう!
限りある命
今日生きてる、自分自身にありがとう
今日も早速、天国言葉を言いましょう!
「愛してます」
「ツイてる」
「うれしい」
「楽しい」
「感謝します」
「幸せ」
「ありがとう」
「ゆるします」
『あなたにすべての良きことがなだれのごとく起きます』
笑顔で人にやさしい素敵な一日を!
橋本浩

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. たいふういっか・・・「台風が過ぎ去った後のように、周りが雑然とぐちゃぐちゃになるような騒々しい家族」...
  2. 世界一わかりやすい紙芝居によるケイ素説明会を開催します。
  3. アメリカの小売業をインターネット通販のアマゾンが席巻し、実店舗を展開する百貨...
  4. 秋のキャンプは、星空がとても奇麗で幻想的でもある。紅葉も美しい。虫も少なく快適。
  5. 会社というものは経済活動の基盤でもあるがその法人力を活かして、そこで働く人たちの夢を応...

カテゴリー

アーカイブ