ブログ

「心の差」7月27日号 心のメール通信『Win Win』

おっはようございま?すV(^0^)
今朝は「心の差」です。
世界のホンダの創業者、本田宗一郎さんのこんなエピソードをご存知ですか?
本田さんは、15歳で東京の自動車修理会社「アート商会」に奉公に出ました。
技術者として腕をあげ、18歳の頃、盛岡へ消防車の修理に出かけることになったそうです。
技術の腕は、親方の保障済みでしたが、現地へ行くと、、
まだ18歳の若者の到着に、先方はすっかり『!?』
当惑して、泊まる部屋も住み込みの下働きの部屋の隣の小さな部屋をあてがう始末でした。
しかし、本田さんは、そんなことは気にも止めずに、依頼を受けた車両だけでなく、消防車の放水系の不具合までも、見事に修理してみせたのです。
「素晴らしい!」
大喜びした消防隊長や見物人は本田さんの腕に感心して、その日は宴会に(笑)
そして、なんと本田さんの部屋も、床の間付きの上等な一等室へと変わったのです。
その晩、本田さんは上等な布団の中で、技術のありがたさを実感したのでした。
そして、こうも感じました。
自分は車だけではなく、みんなの心を治したのかもしれないと。
『車を修理するときは、車だけを治してもダメだ。乗り手の心も修理してあげなくては』
独立後、本田さんは、修理の依頼に来られるお客様へ、納得の技術から出来る修理とともに、丁寧な説明と、きれいに磨きあげること、約束の期日を守ることをしっかりと行っていきました。
まさに誠実な仕事ですね!
会社は大繁盛していったのでした、、、。
////////
同じような製品やサービスを提供している同業者はたくさんいますが、
関係性や信頼から築かれる、売上に大きな差が生まれるのは、
技術はもちろんありきですが、
その上にあぐらをかかず、天狗にならずに励む、やはり『誠実さ』や『愛情』がとても大きな要因ですね
年齢の差?経験の差?
18歳の青年の誠意ある本気の仕事が、人の心を動かしたのです。
結果の差は『心の差』
今日も本気で張り切って参りましょう!
限りある命
今日生きてる、自分自身にありがとうにこにこ
今日も早速、天国言葉を言いましょう!
「愛してます」
「ツイてる」
「うれしい」
「楽しい」
「感謝します」
「幸せ」
「ありがとう」
「ゆるします」
『あなたにすべての良きことがなだれのごとく起きます』
笑顔で人にやさしい素敵な一日を!
橋本浩

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. たいふういっか・・・「台風が過ぎ去った後のように、周りが雑然とぐちゃぐちゃになるような騒々しい家族」...
  2. 世界一わかりやすい紙芝居によるケイ素説明会を開催します。
  3. アメリカの小売業をインターネット通販のアマゾンが席巻し、実店舗を展開する百貨...
  4. 秋のキャンプは、星空がとても奇麗で幻想的でもある。紅葉も美しい。虫も少なく快適。
  5. 会社というものは経済活動の基盤でもあるがその法人力を活かして、そこで働く人たちの夢を応...

カテゴリー

アーカイブ