ブログ

「敗者の言い訳」8月28日号2013 心のメール通信『Win Win』

おっはようございま?すV(^0^)
今朝は「敗者の言い訳」です。
メキシコオリンピック出場を目指す、ケニアの中距離ランナーがレースの最終400メートルでいつも激痛を感じることに悩みトレーナーに相談しました。
トレーナーと選手の会話です。
『レースのそのポイントで何を考える?』『あと400メートル走らなければならないと考えます』
『解決策はあるよ。あと400メートル走らなければならないと考えたら、そこで止まる、走るのを止めるんだ。そして、そこで止まって、トラックの内側に座り込むのさ』
『そんなのは、馬鹿げています。止まったら、レースに負けてしまいます』
『そうだよ、でも、少なくとも君の肺は苦しくなくなる』
選手は怒って話し始めました。
『僕が何のために走っていると思っているんですか!
オリンピックで勝てたら、牛がもらえるからです!
僕の国ではそれでずいぶんお金持ちになれるんです。家族は僕をアメリカの大学に送るために、自分たちの生活を犠牲にしてきた。
だから!、、家族のためにも、国のためにも、金メダルをとりたいんです!!』
『じゃあ、黙って走ったらどうなんだ?
君は走る必要はない。でも走ることを自分で選んだ。
私に、なぜ走りたいかも話した。それは、君自身の考えだ。
気持ちを集中しろ。自分が『したい』自分が『選ぶ』自分が『好む』を忘れずに練習しなさい!』
この言葉で自分自身を取り戻した彼は、
結果、メキシコオリンピック1500メートルで、ケニア初の金メダルを獲得したのでした。
敗者の言い訳はいつも『しなければならない』
つまり、その言葉の陰には『本当はしたくなかった』がいつも共存し、
うまくいかなければ、ほらやっぱり!と、言い訳を必ず用意しています。
そんなタイプで伸び悩んでいる人は身近にいませんか?
逆にそれは、自分が望んだとおりの結果を引き寄せているにすぎません。
今日も自分の仕事の中で、自由意志で『したい』を見つけて取り組みましょうV(^0^)
限りある命
今日生きてる、自分自身にありがとうにこにこ
今日も早速、天国言葉を言いましょう!
「愛してます」
「ツイてる」
「うれしい」
「楽しい」
「感謝します」
「幸せ」
「ありがとう」
「ゆるします」
『あなたにすべての良きことがなだれのごとく起きます』
笑顔で人にやさしい素敵な一日を!
橋本浩

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 冬至以降、少しずつ陽が長くなっていくことが嬉しい。
  2. みなさん、こんにちは。橋本 浩です。
  3. あけましておめでとうございます。2018年がスタートしました。
  4. 2017.12.26

    年末のご挨拶
    弊社は明日27日の営業をもって、年内の業務を終了させていただきます。
  5. 昨年の夏以降、リサイクルショップの売上げに陰りが見え始めたようだ。

カテゴリー

アーカイブ