ブログ

「自然との覚醒」6月11日号 心のメール通信『Win Win』

おっはようございま?すV(^0^)
今朝は「自然との覚醒」です。
皆さんにとって、『自然』とはなんですか?
果たして、「何もしない」ことが『自然』を大切にすることなのだろうか?と、最近、その概念や役割について思うことがありました。
例えば、
生きている日本の芸術品盆栽。
いかにも大きな庭園にどっしりと育っているかのように、ほんの小さな鉢の上に、しっかりとその存在感を示しています。
日本では鎌倉時代から楽しまれていた文化で『背景の空間』が見える特別な魅力がありますね。
あの厳かなる美しさ、、それは、俗に言う、ありのまま『自然』ではありません。
自然に放置していては、あの美しさは決して表現できないのです。
庭の剪定も同じように、藤棚や枯山水を始めとする日本の庭園の美しさも、自然に人が手を加えて実現したものですね。
髪型も同じで、自然だと伸び放題。
自然な姿に手を加えることによって、清潔感やその人本来の美しさを引き出しています。
目に見えない細菌も自然。
以前肺結核、破傷風、梅毒、コレラなどの細菌感染症は、死に至る病気、いわゆる不治の病でした。
解決方法がなく、自分自身の自然治癒能力では限界でした。
しかし、バイオの研究・発展で、1929年にイギリスのフレミング博士が、『自然』の中のアオカビから、ペニシリンを作成し、世界初の抗生物質が誕生。多くの命が救われることになりました。
これも、自然に人が手を加えて、命をつなぐことを可能にした実例です。
献血の血液が売買されたり、臓器移植の高額売買を知ると、首をかしげたくなるることもありましたが、
そこには、今までは不可能で、そんな選択肢すら存在しなかった命のバトンが、人間の研究で発展していると思えるのです。
自然と、利他的な人間とのコラボレーションは、いつの時代もステキな結果をもたらしてくれる。
見える自然との向き合い方には、そこから学ぶ意志と意識から、次世代につなぐべき進む道がある
しかし、大自然と向き合う心の中は、何の策も持たない『無為自然』の姿でありたい
伝わってますか?
魂の利他的な声があふれる中で、私たちは成長のハードルを自ら越えていきましょう!
限りある命
今日生きてる、自分自身にありがとうにこにこ
今日も早速、天国言葉を言いましょう!
「愛してます」
「ツイてる」
「うれしい」
「楽しい」
「感謝します」
「幸せ」
「ありがとう」
「ゆるします」
『あなたにすべての良きことがなだれのごとく起きます』
笑顔で人にやさしい素敵な一日を!
橋本浩

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 25年ほど前、環境NPOの活動を一生懸命していた。
  2. フラットボタン-red今年のGWは前半2泊のキャンプ。
  3. 2018.5.2

    ITの敵?
    GW前半の連休明け、朝パソコンを立ち上げると会社のインターネットの接続が出来なくなっていた。
  4. 半島の南北融和が進み、アメリカも対話路線で朝鮮半島の和平の実現が現実的となってきた。
  5. 2018.4.12

    恋の歌
    トイレに立ち寄った本屋で、思わずの衝動買い(笑)2012年に発売となった「日本の恋と...

カテゴリー

アーカイブ