ブログ

「見ているはずの景色」7月21日号 心のメール通信『Win Win』

おっはようございま?すV(^0^)
今朝は「見ているはずの景色」です。
『♪ぞうさん ぞうさん お鼻が長いのね
そうよ 母さんも 長いのよ?♪』
『♪?一年生になったら ともだち100にんできるかな?』
これはほんの一部ですが、国際アンデルセン賞、日本芸術院賞など、
数々の賞を受賞され日本の児童文学をけん引してこられた、まど・みちおさんという詩人の作品です。
現在103歳!
ある番組で女子高生がまどみちおさんにこう質問しました。
『恋と愛の違いはなんですか?』
あなたなら、なんと答えますか?
もちろん答えは、ひとつではありませんが、
まどみちおさんは、こう答えました。
『恋は人間が対象になるが、愛は森羅万象あらゆるものに与えられる』と。
いやぁ?素敵なお答えですねV(^0^)
まどみちおさんの感性からくる表現は
素朴で、柔らかく、
そして、その表現であるから感じられる、読む側の感性に委ねてくれる景色を見せてくれます。
例えば、、
『(コオロギの声を)手にすくいたい』
『(おんがくに)ほほずりしていたい』
『目でなら さわっても いい?』
見えるもの、見えないものを五感で感じる、風景がいっぱいですV(^0^)。
そんな感性から表現した、こんな景色はいかがですか?
////////
『けしき』 詩:まど・みちお
けしきは 
目から はなれている
はなれているから 見えて
見えているから 
けしきは そこに ある
あの雲の下に つらなる
山々の けしき
Sのじをかいて 海へとはしる
川の けしき
けしきの うつくしさは
ひかるようだ
よんでいるようだ
いたいようだ
見るものから
いつも
はなれていなければならないからだ・・・
自分が そこに
ほんとうにたしかに あるために・・・
////////
深イイですね!
『自分が見ている景色(人生)と重ねて感じてみる』
すると、、
自分が見ているはずの常識感や固定観念という景色から、
違うモノが立体的に浮かんで来ませんか?
今日も、日常を違う角度から感じてみましょう。愛を持ってV(^0^)
限りある命
今日生きてる、自分自身にありがとう
今日も早速、天国言葉を言いましょう!
「愛してます」
「ツイてる」
「うれしい」
「楽しい」
「感謝します」
「幸せ」
「ありがとう」
「ゆるします」
『あなたにすべての良きことがなだれのごとく起きます』
笑顔で人にやさしい素敵な一日を!
橋本浩

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. たいふういっか・・・「台風が過ぎ去った後のように、周りが雑然とぐちゃぐちゃになるような騒々しい家族」...
  2. 世界一わかりやすい紙芝居によるケイ素説明会を開催します。
  3. アメリカの小売業をインターネット通販のアマゾンが席巻し、実店舗を展開する百貨店から...
  4. 秋のキャンプは、星空がとても奇麗で幻想的でもある。紅葉も美しい。虫も少なく快適。
  5. 会社というものは経済活動の基盤でもあるがその法人力を活かして、そこで働く人たちの夢を応...

カテゴリー

アーカイブ