ブログ

「賢者からの3つのメッセージ」7月18日号 心のメール通信『Win Win』

おっはようございま?すV(^0^)
今朝は「賢者から3つのメッセージ」です。
『山の小道というものは、人が通っているうちは道ですが、
ひとたび人が通らなくなると、すぐに草が生え、ふさがってしまうものです。
人の心も同じで、良い話は誰もが好きだから、すぐに影響されて「自分もがんばろう」と決意しますが、
なにも行動に移さないと、すぐに心から逃げてしまいます。
道ができるか、ふさがるかは一瞬です。
やってみましょう。人はいつでも、今、この瞬間から変われるのですから。』
この言葉は、かの吉田松陰の言葉です。
松陰は「人間とは、何かを学ぶことである」といい、また、「学者になってはいけない。実行しなければならない。」と、「学びを活かす」大切さを説きました。
吉田松陰といえば、松下村塾で、久坂玄瑞や高杉晋作、伊藤博文、山県有朋他、数々の門下生らに慕われ、尊敬された人物です。
しかし、その生涯は、、何年かご存知ですか?
実は、わずか30年(満29歳)。
激動の時代を熱く生き、そして、まっすぐに果てたのでした。『志』を門下生の心に刻みこんで。
しかし、彼が松下村塾の塾生に指導した期間は、わずか2年半に過ぎません。
そのひとつひとつの信念を塾生達に投げかけることで、それぞれが自分事として感じ、考え、『生きた言葉』となり、幕末、新政府で活躍した志士の情熱を支えたことでしょう。
一方、こんな言葉もあります。
『大事なことは、なにを、どう手に入れるかではなく、どんな気持ちを感じたいかなのです。
たとえ手に入れたものが、どれだけ美しくて広い家だとしても、住んでいる人が優しい気持ちになれないのなら、それは貧しい人生です』
20代で、『心の在り方』を説いていました。
そして、こうも語ります。
『なにもする気がしない。たまには、そんなときもあるでしょう。
でもそれは後から振り返れば、せいぜい一時的なことじゃないですか。これからずっと成長していく物語の、たった一部ですよ。なんでいちいち焦ったり、傷ついたりする必要がありますか。』
自分のペースで、自分の道を歩きなさいと。
今の自分自身の状況で、この3つの言葉のどこか、響くところはありませんか?
私たちは誰もが、自分自身の歩幅を持っています。
無理せず、焦らず、そう今日も笑顔で自分らしく!
限りある命
今日生きてる、自分自身にありがとう
今日も早速、天国言葉を言いましょう!
「愛してます」
「ツイてる」
「うれしい」
「楽しい」
「感謝します」
「幸せ」
「ありがとう」
「ゆるします」
『あなたにすべての良きことがなだれのごとく起きます』
笑顔で人にやさしい素敵な一日を!
橋本浩

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. たいふういっか・・・「台風が過ぎ去った後のように、周りが雑然とぐちゃぐちゃになるような騒々しい家族」...
  2. 世界一わかりやすい紙芝居によるケイ素説明会を開催します。
  3. アメリカの小売業をインターネット通販のアマゾンが席巻し、実店舗を展開する百貨店から...
  4. 秋のキャンプは、星空がとても奇麗で幻想的でもある。紅葉も美しい。虫も少なく快適。
  5. 会社というものは経済活動の基盤でもあるがその法人力を活かして、そこで働く人たちの夢を応...

カテゴリー

アーカイブ