ブログ

どこの国の出来事?

Facebookを始めてから、一般全国メディア以外のメディア情報を目にするようになった。

その様々な情報に触れて思うことは、いかにテレビや全国6大紙が、今の政府寄りの偏った情報しか流していないかということだ。

最近では、東京都知事選における舛添氏擁護は目に余る。原発の危険性に対する世界の視点なども、いかに国民に知らされていないことの多いことか??

政治とは本来、民意を実現するためのものだ。ところが今は、政治家や官僚たちの既得権益を守るために動いているようにしか見えない。確かに、志し高く民意に寄り添ってくれる、そんな政治家も存在するのだろう。

我々が選んだと言えばそれまでだが、余りにも公約以外のことが多過ぎる。国民を舐めすぎると近い将来その反動は必ず起こる。

国会中継を見ていると、そんな思いがふつふつと湧き上がる。まるで、北朝鮮の出来事を見ているようだ(笑)。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. たいふういっか・・・「台風が過ぎ去った後のように、周りが雑然とぐちゃぐちゃになるような騒々しい家族」...
  2. 世界一わかりやすい紙芝居によるケイ素説明会を開催します。
  3. アメリカの小売業をインターネット通販のアマゾンが席巻し、実店舗を展開する百貨...
  4. 秋のキャンプは、星空がとても奇麗で幻想的でもある。紅葉も美しい。虫も少なく快適。
  5. 会社というものは経済活動の基盤でもあるがその法人力を活かして、そこで働く人たちの夢を応...

カテゴリー

アーカイブ