ブログ

不思議な姫路の天然水

カラー剤によるトラブルが後を絶たない。
消費者庁には平成26年度までの5年間で1千件超の被害相談事例が寄せられたそうだ。
表に出ていない被害を考えると、その数はもっと多いと予想できる。
この問題を軽視していると、今後美容業界は大変なことになるだろう。

弊社の取り扱うビーワン、ヴィーダフルは姫路の天然水をベースとした美容技術だ。
共通しているのは、a.プレ処理として頭皮に水分を浸透させることと、b.薬剤を水で希釈して使うということ。
そして、c.アフター処理として水分供給を再度行うことだ。

a.プレ処理の効果としてはまず、免疫をあげ、薬害に負けないようにすること。頭皮から水分補給することで何故か体温が上昇する。
また、髪の水分は頭皮の水分量に左右されるので、毛髪の水分量が安定する効果もある。

b.次に薬品に水を加えることで、皮膚・毛髪と薬品の電位差を和らげ、化学反応を優しいものにする。

c.最後の水分補給は、化学反応(パーマやカラー)によって奪われた水分を補う効果があり、損傷を防ぐ。

先日、あるサロンさんにご来店された新規のお客様が水カラーをされ、帰宅後オシッコからパーマ液の臭いがしたそうだ。
美容師さんでも水の技術を取り入れると、自分の汗からパーマ液の臭いがしたと言われることがある。
予測だが、水の技術は体内に経皮毒として蓄積している薬品を、体外にデトックスする効果があるのかもしれない。

パッチテストはじめ安心・安全にパーマやカラーを楽しんでもらうためにできること、やるべきことはたくさんある。
お客様の体調によっては、時には断る勇気も必要だ。
美容業界こそ、健康産業なのだ。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 25年ほど前、環境NPOの活動を一生懸命していた。
  2. フラットボタン-red今年のGWは前半2泊のキャンプ。
  3. 2018.5.2

    ITの敵?
    GW前半の連休明け、朝パソコンを立ち上げると会社のインターネットの接続が出来なくなっていた。
  4. 半島の南北融和が進み、アメリカも対話路線で朝鮮半島の和平の実現が現実的となってきた。
  5. 2018.4.12

    恋の歌
    トイレに立ち寄った本屋で、思わずの衝動買い(笑)2012年に発売となった「日本の恋と...

カテゴリー

アーカイブ