ブログ

危機一髪

北海道の一軒家の場合、たいてい灯油は定期配送を契約している。
我が家も同様に契約していて、400リットルのホームタンクに月に一度くらいのペースで給油に来てもらっている。
先日郵便受けに給油の納品明細書が入っていたのだが、その数量を見て、ビックリふらふら
396.8リットルとなっていた。ギリギリセーフ冷や汗
あと、少しで灯油切れ。この真冬の真っ只中に暖房がなければ地獄だし、何より定期配送を契約している意味もなくなる。
それにしても、凄いタイミングの給油だなぁ。さすがプロというところか!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. たいふういっか・・・「台風が過ぎ去った後のように、周りが雑然とぐちゃぐちゃになるような騒々しい家族」...
  2. 世界一わかりやすい紙芝居によるケイ素説明会を開催します。
  3. アメリカの小売業をインターネット通販のアマゾンが席巻し、実店舗を展開する百貨...
  4. 秋のキャンプは、星空がとても奇麗で幻想的でもある。紅葉も美しい。虫も少なく快適。
  5. 会社というものは経済活動の基盤でもあるがその法人力を活かして、そこで働く人たちの夢を応...

カテゴリー

アーカイブ