ブログ

去年の世相を現した言葉が「絆」。自分にとっても激変する日常の中、人と人との「絆」の大切さをひしひしと感じた2011年。まさに世相と心が同じテーマに共鳴した一年でもあった。
そして、今年のキーワードは「命」。その重さ、尊さを改めて感じ、だからこそ命の永遠性を本当の意味で知っていく局面を多くの人類が体験していくことになる。2012年は、その「生命」という根本から始まり、新しい時代の幕開けとなる。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. たいふういっか・・・「台風が過ぎ去った後のように、周りが雑然とぐちゃぐちゃになるような騒々しい家族」...
  2. 世界一わかりやすい紙芝居によるケイ素説明会を開催します。
  3. アメリカの小売業をインターネット通販のアマゾンが席巻し、実店舗を展開する百貨店から...
  4. 秋のキャンプは、星空がとても奇麗で幻想的でもある。紅葉も美しい。虫も少なく快適。
  5. 会社というものは経済活動の基盤でもあるがその法人力を活かして、そこで働く人たちの夢を応...

カテゴリー

アーカイブ