ブログ

実感したこと

母の入院をきっかけに、もう一人暮らしはできないであろう母の今後を考える。

いろいろ調べてみると、介護サービス付き高齢者マンション、サービス付き高齢者住宅、特別養護老人ホーム、通いのリハビリ施設など、札幌市だけでも本当に多くのサービスや施設があって驚かされる。

今、この業界に従事する人口がどれほど多いのかということを改めて思い知らされた。

明らかに20年前とは産業構造が変わっている。ITのインフラ化はもとより、高齢化社会における経済価値自体が大きく変わっている。当たり前のことだが、生活の質を上げるための消費ではなく、生きるためそのものにお金を使う。その傾向がより顕著に現れる時代だ。

美容業界においても、訪問美容はじめ保険点数で買える介護用品を店販品として扱う美容室など、時代にいち早く対応するサロンも今後さらに増えることだろう。

時代は既に変わった。
その認識で、新しいサービスを提供していけるかが問われることとなる。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. まず初めに、この度の西日本エリア中心の豪雨により被害を受けられた皆さまへ、謹んでお見舞い申し上げ...
  2. 「なんて情熱的な音なんだ‼」ソフトバンクのCMでおなじみのプロコフィエフ作曲の...
  3. ご存知でしょうか? 今、日本では新しい公害が生まれています。
  4. 6月の北海道、なぜか週末は天気が崩れる・・・梅雨がない北海道と言われるが、この6月も、7月の...
  5. おはようございます!橋本浩です。

カテゴリー

アーカイブ