ブログ

年末のご挨拶

弊社は明日27日の営業をもって、年内の業務を終了させていただきます。一年間、本当にお世話になりました。

さて、昨日今日と大荒れの天気となっている北海道。昨日のクリスマスは特に酷くて、留萌の灯台の倒壊はじめ、各地で屋根が飛んだり、人が飛ばされて怪我をしたりと、大変な一日となった。

そういう我が家も自宅の木塀が倒壊。夫婦共働き故、かみさんがお昼過ぎに一時帰宅して事態を把握したのだが、誰かが通報してくれて消防の方が来られたらしく、2次被害が起きないようにとロープで処置をしてくれていた。怪我人が出なかったことは不幸中の幸いと胸を撫で下ろした。

家を建てて17年、雨風で木塀も傷んでいるのは承知していたが、まさか倒壊するとは…。しかもこの年の瀬に…という思いもあるが、とりあえず保険の適用範囲内なので、自己負担なしに建て替えれることで、まあ良しとする。ただ年末なので工事は年明けになるとの事。しばらくはビニールシート等の応急対策で年末年始を乗り切ることになる(笑)

振り返ると2017年も、公私ともに本当にいろんな事があった。世界情勢もこの国自体も大きく変わりゆく中で、今後特に日本の人口構造から起こりうる変化は、まさに人生の中で経験したことのないような日々となることが予想される。慢性的な人手不足は年を経るごとに深刻化し、流通業やサービス業を直撃。仕事の在り方、ライフスタイルの在り方そのものの見直しを余儀なくされることだろう。

この美容業界でも人手不足は深刻化していて特に理容業においては2017年の理容学校の入学者数はなんと600人台まで落ち込んでいる。

理美容業界不況が叫ばれて久しいが、美容室に視点を移してみると、今年元気で話題になったサロンは、SNSを利用しての集客などweb戦略に長けていたサロンが目立っていた。フランチャイズでも本部がweb戦略で集客を行うという形態のものが成功していて、かつてのネームバリューでの集客の時代は終わり、web上でお客様の「悩み」や「なりたい」に個別に向き合い、来店につなげるというマーケティングになってきている。当然そこには、専門のweb担当が存在し、リアル店舗とお客様の懸け橋として、戦略的にweb活用を行っている。

さて、2018年…。弊社も新しい挑戦を始めなければと思う今日この頃。幸い弊社には頼りになる営業部長と日本でもトップレベルのweb技術者がいる。サロンさんにとって、やはり一番嬉しいことは、たくさんのお客様から支持されること。サロンの魅力を伝え、その魅力に惹かれるお客様とそのサロンを繋ぎ、集客に寄与していくこと。そんなサービスを弊社のお客様には提供できればと考えている。

スクラップアンドビルド。

既成概念や古い習慣をぶち破り、人と環境に優しい全く新しいサービスや商品を提供していければと思う。

2017年、ありがとうございました。

そして2018年も、よろしくお願い申し上げます。

株式会社 日本環境科学 北出 敏行

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. まず初めに、この度の西日本エリア中心の豪雨により被害を受けられた皆さまへ、謹んでお見舞い申し上げ...
  2. 「なんて情熱的な音なんだ‼」ソフトバンクのCMでおなじみのプロコフィエフ作曲の...
  3. ご存知でしょうか? 今、日本では新しい公害が生まれています。
  4. 6月の北海道、なぜか週末は天気が崩れる・・・梅雨がない北海道と言われるが、この6月も、7月の...
  5. おはようございます!橋本浩です。

カテゴリー

アーカイブ