ブログ

思い出

去年亡くなった母の遺品整理をようやく始めました。一気にはできないので少しずつですが。
実家で先にぼちぼちと片付けをしていた父が一言、母を看取った一日よりもこの作業の方が辛いと漏らしました。
残すものとお焚き上げしてもらうものを分けながら、この服お気に入りだったねとかこのアクセサリーはよく付けていたよねとか、思い出話がこぼれます。
人生後半の三十年近く健康に恵まれなかった母を、私が想像していたよりもずっと、父は大事にしてきたんだと改めて思い、母の思い出と相俟って胸が一杯になった時間でした。
帰宅して形見の品を片付けていたら、何年か前に渡された、私が産まれた時の臍の緒と産毛が出てきました。お祝いと書かれた赤い箱の中に丁寧に包まれていました。
四十数年大切にとっておいてくれたもの。
なんだか泣けてきました。
親の存在は本当にありがたいものです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 理美容室必見の新+メニュー【クイック・スカルプケア】施術タイムはシャンプーの時間をわずか10分延長す...
  2. 【想像してみてください】物静かな空間で、自分自身と向き合うひととき&nb...
  3. ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁会社「PayPay」が今年6月に設立され、新しくキャッシュ...
  4. 11月11日に札幌市で平田雅彦院長の特別講演会がありました。
  5. 11月最初の土日、もうわが家のキャンプは終了と考えていたが、なんとなく天気の良さそうな週末予報、、、...

カテゴリー

アーカイブ