ブログ

怪我からの学び

先日ちょっとした不注意で、手に大火傷を負った。
その大急処置、治療法に関し、ネットで調べるうちに湿潤療法に行き着く。
この療法は、患部を消毒せず、また、軟膏等の薬品は使わず、傷口をラップ等で覆い空気に触れないようにして、ひたすら乾燥させないという治療法だ。
傷口が空気に触れないことで、剥き出しになった神経が遮断されることで、まず痛みが軽減される。また、治ったときに傷跡が残りにくく、かつ、治りも早い。
掛かりつけの獣医さんとも話したが、この療法を取り入れるようになってから、いままでなら皮膚移植が必要だったほどの外傷も、移植せずに完治するようになったらしい。
動物は傷口を舐めて治す。
我々も子供の頃、怪我をすると唾をつけて治していたものだ。乾燥させないで上皮化させるということが、創傷治癒においては適切な処置だったのだ。
ただ未だに、消毒し、軟膏をつけ、乾燥させるという従来の治療をしている病院は多い。
医学の常識も変わっている。患者さんのために学会等に出席し、新しい知識を常に追い求めている医師と、そうでない医師の差が今後益々広がっていく。
我々も同じ。お客様のために常に新しい知識や商品を勉強し提供していけるか、が今後益々大切になる。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. まず初めに、この度の西日本エリア中心の豪雨により被害を受けられた皆さまへ、謹んでお見舞い申し上げ...
  2. 「なんて情熱的な音なんだ‼」ソフトバンクのCMでおなじみのプロコフィエフ作曲の...
  3. ご存知でしょうか? 今、日本では新しい公害が生まれています。
  4. 6月の北海道、なぜか週末は天気が崩れる・・・梅雨がない北海道と言われるが、この6月も、7月の...
  5. おはようございます!橋本浩です。

カテゴリー

アーカイブ