ブログ

気付かない代償

橋本浩です

 

美容室では、パーマとカラーの同時施術は、法律で禁止されています。

 

身体に対しての薬品の影響が強く危険性が高いためです

 

一般的に、

カラー剤の主成分はパラフェニレンジアミン

パーマ剤の主成分はチオグリコール酸アンモニウム

 

これを同時に使用できる活気的な薬品が、日本全国に並んでいます


Image518.jpg     Image519.jpg
 

「誰でも簡単に染められる

ホームカラー剤」

要するにパーマ剤の化学薬品の浸透性を活用するわけです

(違う薬品名が書かれている物もありますが、意図は同じ)

 

アレルギー予備軍から、過敏症へ

自然にランクアップ

 

症状が出たら、対処療法で、薬で症状を抑える

 

使い続ける

ひどくなる


どこかで、自分で気付かなければ、大変な代償を払うことになるのです

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. cl-blog
    大切なペットのために毎日のフード、おやつ、飲み水やお部屋の空気…大切なワンちゃんネコちゃんのため...
  2. 9/17-18はヘッドスパ全国コンテストで優勝された日本一のヘッドスパニスト、濱口奈央先生のヘッドス...
  3. 6日未明の北海道地震からまる5日が過ぎた。まだ油断はできないが余震も大分収まってきた。
  4. 昨日未明に起きた地震の影響で、9月7日金曜日現在も弊社のある札幌市西区宮の沢地区は依然停電が続いてお...
  5. 仙台出張の際、新しい商品のご紹介もかねて、お取引先のアトリエパドクワさんを訪ねる。

カテゴリー

アーカイブ