ブログ

気付かない代償

橋本浩です

 

美容室では、パーマとカラーの同時施術は、法律で禁止されています。

 

身体に対しての薬品の影響が強く危険性が高いためです

 

一般的に、

カラー剤の主成分はパラフェニレンジアミン

パーマ剤の主成分はチオグリコール酸アンモニウム

 

これを同時に使用できる活気的な薬品が、日本全国に並んでいます


Image518.jpg     Image519.jpg
 

「誰でも簡単に染められる

ホームカラー剤」

要するにパーマ剤の化学薬品の浸透性を活用するわけです

(違う薬品名が書かれている物もありますが、意図は同じ)

 

アレルギー予備軍から、過敏症へ

自然にランクアップ

 

症状が出たら、対処療法で、薬で症状を抑える

 

使い続ける

ひどくなる


どこかで、自分で気付かなければ、大変な代償を払うことになるのです

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. まず初めに、この度の西日本エリア中心の豪雨により被害を受けられた皆さまへ、謹んでお見舞い申し上げ...
  2. 「なんて情熱的な音なんだ‼」ソフトバンクのCMでおなじみのプロコフィエフ作曲の...
  3. ご存知でしょうか? 今、日本では新しい公害が生まれています。
  4. 6月の北海道、なぜか週末は天気が崩れる・・・梅雨がない北海道と言われるが、この6月も、7月の...
  5. おはようございます!橋本浩です。

カテゴリー

アーカイブ