ブログ

決算月に思うこと

サラリーマンを辞めて、今の会社の前身となる北海道環境研究所を設立したのが1992年。自分もまだ、29歳の時だった。速いもので、会社を設立して23年の月日が経ったことになる。

毎日の中では小さな変化の積み重ねも、振り返って考えると、やはり時代は大きく変わっているのだと実感する。

2000年前後の美容室ブームの終焉、ホームカラーの台頭、東日本大震災、消費税増税、人口減少による労働人口の変化など、様々な要因が絡み合う現在では、もはや過去の経営手法、マーケティング戦略では通用しなくなっている。

新しい産業の構築が叫ばれる中、それでもまず大切なことは、私たち自身の価値観の転換なのだとつくづく思う。

20年も経てば、社会も、業界も変わる。その中でも変わらない普遍的なものこそ、私たちに本当に必要な真理であり、本当の価値なのだろう。
ただ…そこにどう会社の経営を重ねていくのか、そこが問題だ(^^;;

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 半島の南北融和が進み、アメリカも対話路線で朝鮮半島の和平の実現が現実的となってきた。
  2. 2018.4.12

    恋の歌
    トイレに立ち寄った本屋で、思わずの衝動買い(笑)2012年に発売となった「日本の恋と、ユーミ...
  3. まだまだ寒い日も多いが、それでも少しずつ春めいてきた北海道。
  4. 26日の月曜日、ホテルサンルートプラザ東京で開催された全国BSC理美容協同組合 関東ブロック主催の「...
  5. 明日21日は、春分の日。占星術的には、新しい年の始まりがこの春分の日となるらしい。

カテゴリー

アーカイブ