ブログ

混沌の中にこそ真理がある。

宮崎で鳥インフルエンザがでた。両生類の絶滅を招くツボカビ症の国内での確認、大手菓子メーカー不二家の不祥事、連続するバラバラ殺人、政治資金の不透明な経理処理、北海道では自治体・夕張の破綻、北洋銀行と札幌銀行の合併等など、世の中が目まぐるしく動いている。経済優先資本主義は、地球の限界点を越え、私たちは新しい価値観と社会創造への転換を迫られている。社会が混沌とする中でこそ、真理が見つけやすい。一見、独立して個々に起こってるいる事象も、その問題点、解決策など根本は共通している。真理・真実が明らかとなる時代になる。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. たいふういっか・・・「台風が過ぎ去った後のように、周りが雑然とぐちゃぐちゃになるような騒々しい家族」...
  2. 世界一わかりやすい紙芝居によるケイ素説明会を開催します。
  3. アメリカの小売業をインターネット通販のアマゾンが席巻し、実店舗を展開する百貨...
  4. 秋のキャンプは、星空がとても奇麗で幻想的でもある。紅葉も美しい。虫も少なく快適。
  5. 会社というものは経済活動の基盤でもあるがその法人力を活かして、そこで働く人たちの夢を応...

カテゴリー

アーカイブ