ブログ

薬害肝炎について思う

薬害エイズの判決が出た時、いったい厚生労働省は何を学んだのか。国民を守るべき立場の人達が、国民を死に至らしめている。食品業界然り。雪印や狂牛病から何かを学び、何故襟を正すということが出来ないのだろう。この国はいつからこうなってしまったのか。ラストサムライに描かれた日本人の精神の美しさが、まだ残されていることを信じたい。2012年。この国の崩壊ともに新たな社会・価値観の建設が本当に始まるのかもしれない。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 25年ほど前、環境NPOの活動を一生懸命していた。
  2. フラットボタン-red今年のGWは前半2泊のキャンプ。
  3. 2018.5.2

    ITの敵?
    GW前半の連休明け、朝パソコンを立ち上げると会社のインターネットの接続が出来なくなっていた。
  4. 半島の南北融和が進み、アメリカも対話路線で朝鮮半島の和平の実現が現実的となってきた。
  5. 2018.4.12

    恋の歌
    トイレに立ち寄った本屋で、思わずの衝動買い(笑)2012年に発売となった「日本の恋と...

カテゴリー

アーカイブ