ブログ

除染にバクテリアの力

昨夜、バクテリアに放射性セシウムを取り込む性質があるとして、実用化に向けて実験を重ねていく予定というニュースが流れました。

このバクテリアは青函トンネルなどに生息している鉄バクテリアで、金属を食べる特性を持っているそうです。シートにバクテリア付着させて福島県の水田で実験を行ったところ、泥の放射線量が3分の1に減ったというのです。これを研究されている方は今後の実用化に向けて様々な条件で実験を重ねていく予定ですと話していました。

自然の働きはすごいと感心した反面、セシウムを取り込んだバクテリアが堆積された後、その処理はどうするのだろうか、汚染はそこで完全にストップするのだろうかと素人考えは堂々巡りです。

ともあれ、除染を急がなければならない今にとっては明るいニュースですね。

そして、二度とこのようなことを起こさないよう、一日も早く根本的な解決がなされますように!!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 半島の南北融和が進み、アメリカも対話路線で朝鮮半島の和平の実現が現実的となってきた。
  2. 2018.4.12

    恋の歌
    トイレに立ち寄った本屋で、思わずの衝動買い(笑)2012年に発売となった「日本の恋と、ユーミ...
  3. まだまだ寒い日も多いが、それでも少しずつ春めいてきた北海道。
  4. 26日の月曜日、ホテルサンルートプラザ東京で開催された全国BSC理美容協同組合 関東ブロック主催の「...
  5. 明日21日は、春分の日。占星術的には、新しい年の始まりがこの春分の日となるらしい。

カテゴリー

アーカイブ