ブログ

鳥インフルエンザについて思う。

宮崎に続き、岡山でも発生した鳥インフルエンザ。感染を防ぐためとはいえ、12000羽に及ぶ殺処分には、心が痛む。そもそもエイズにせよエボラにせよ、特定の環境下ではバランスをとって存在していたウィルスだった。ところが、俗にいう開発という名の自然破壊によって、バランスを崩し暴走を始めた。そこに環境汚染による耐性が拍車をかける。全ては、人災なのだ。鳥インフルエンザも、地球からの警告なのだろう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 11/3-11/4と東京都町田市にある美容室 Hair Room pirikaさんで体験会&雑貨展&...
  2. 2017.11.8

    糖化について
    数年前から美容雑誌や健康雑誌で取り上げられるようになった「糖化」・・・今更、説明の必要もないと思...
  3. 私たち2人の夢をかたちにしたPirika Houseをopenして12年がたちますこ...
  4. 今回も無事、ケイ素ツアーを終えることが出来ました。
  5. 17日の火曜日、所属する北海学園グリークラブのOB会で、日台友好合唱会に参加した...

カテゴリー

アーカイブ