ブログ

鳥インフルエンザについて思う。

宮崎に続き、岡山でも発生した鳥インフルエンザ。感染を防ぐためとはいえ、12000羽に及ぶ殺処分には、心が痛む。そもそもエイズにせよエボラにせよ、特定の環境下ではバランスをとって存在していたウィルスだった。ところが、俗にいう開発という名の自然破壊によって、バランスを崩し暴走を始めた。そこに環境汚染による耐性が拍車をかける。全ては、人災なのだ。鳥インフルエンザも、地球からの警告なのだろう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 冬至以降、少しずつ陽が長くなっていくことが嬉しい。
  2. みなさん、こんにちは。橋本 浩です。
  3. あけましておめでとうございます。2018年がスタートしました。
  4. 2017.12.26

    年末のご挨拶
    弊社は明日27日の営業をもって、年内の業務を終了させていただきます。
  5. 昨年の夏以降、リサイクルショップの売上げに陰りが見え始めたようだ。

カテゴリー

アーカイブ