ブログ

「人と人をつなぐもの」10月27日号 心のメール通信『Win Win』

北海道士別にて
「受け取る相手と自分自身と世の中で幸せを共有するために」
おはようございます!
今朝は「人と人をつなぐもの」です
河田小龍という人をご存知ですか?
小龍は、幕末から明治に生きた土佐藩の絵師でした。
あまり有名な方ではありませんが、彼にはこんなエピソードがあります。
ジョン万次郎は14歳のとき、漁師として初めて船に乗ることを許されました。しかしその三日目、船は流され、八丈島よりさらに300キロメートルも南の孤島に漂流。
なんとか生き延び、漂流から150日目、アメリカの捕鯨船に救助されます。
ジョン万次郎はそれから11年10ヶ月、アメリカで過ごしたのでした。
そこで彼が見たものは、、
日本では身分が絶対。藩主は世襲。
しかし、アメリカでは、手伝えば誰からも『サンキュー、万次郎!』と言われ、町の公会堂では、住民たちが集まって、自由に意見を述べ、多数決で町の行政を決めていたのですから、もう大変(笑)
万次郎の常識はことごとくくつがえり、ついに『日本語まで忘れてしまいます(笑)』
ペリーの黒船の前年、日本に帰国。
海外の様子を教えろと、取り調べを受けます。しかし役人は英語なのでチンプンカンプン。
そこで、絵が達者で蘭学も学んでいた河田小龍に白羽の矢が立ちました。
小龍は自宅に万次郎を連れ帰り、共に生活する中から、言葉を思い出させようとしました。
日本語と英語のコラボレーション。お互いに少しずつ言葉を理解するようになり、二人の間には友情と信頼が生まれていきます。
小龍が知ったのは『鉄道・蒸気船・モールス信号・・』、、そしてさすがの小龍も初めは信じられなかったのが『選挙制度』
世襲ではなく、自分達で選ぶなんて、、
圧倒的な技術、文化、そして『自由』という概念を知り、日本も開国しなければと痛感します
そして小龍は、この話しを若者達に伝え始めました
その中の一人が、あの坂本龍馬でした。
『外国の船を買い、荷物を運び『貿易』によって異国に追いつく事』が日本のとるべき道だと龍馬に説いたのでした。
 『そして今、歴史は創られている』
100年後には、私もあなたも歴史上の人物。その時代に語られることはないかもしれません。
しかし私達の意識、そこから起こす行動は、未来の種となり、
『人と人をつなぐもの、それは、やはり人』
私達は誰でも、昔と今、今と未来をつなぐことができます。
限りある命
今日生きてる、自分自身にありがとうにこにこ
今日も早速、天国言葉を言いましょう!
「愛してます」
「ツイてる」
「うれしい」
「楽しい」
「感謝します」
「幸せ」
「ありがとう」
「ゆるします」
『あなたにすべての良きことがなだれのごとく起きます』
笑顔で人にやさしい素敵な一日を!
橋本浩
橋本浩とfacebookで繋がりましょう!
http://www.facebook.com/hiroshi.hashimoto.12
ボクのTwitterもよろしくです!フォローしてくれると、うれしいです
http://twitter.com/#!/@hirohiropi0313
お取引先支援 心のメール通信「Win Win」毎日配信中!
あなたのお店でも、下記の商品を取り扱ってみませんか?是非お問合せください。 
信頼できる新しいアイテムを取り入れることで、お店に新鮮な風をお届けします。
自然派発酵コスメ「コスメ・デ・キレート」、オーガニックフルボ酸飲料「ヴィーダフル」の卸販売、
姫路の天然水「アクアーリオ」他ビーワンシリーズの卸販売、
ベル美容外科クリニックとの医療提携の斡旋(金の糸美容術、再生医療FGF、DNA診断による体質の遺伝解析など)、
歯医者さんとは違う「歯のホワイトニング」機器の販売
(株)日本環境科学HP http://b-web21.com

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 先週末の大雪は、もはや根雪かと思わせるほどの降雪量となった。
  2. 11/3-11/4と東京都町田市にある美容室 Hair Room pirikaさんで体験会&雑貨展&...
  3. 2017.11.8

    糖化について
    数年前から美容雑誌や健康雑誌で取り上げられるようになった「糖化」・・・今更、説明の必要もないと思...
  4. 私たち2人の夢をかたちにしたPirika Houseをopenして12年がたちますこ...
  5. 今回も無事、ケイ素ツアーを終えることが出来ました。

カテゴリー

アーカイブ