ブログ

「失敗の定義」3月16日号 心のメール通信『Win Win』

「受け取る相手と自分自身と世の中で幸せを共有するために」

おはようございます!今朝は『失敗の定義』です

起業家育成のプロ、福島正伸さんは講演会で自らの体験談をこう語っています。

/////////

私は、4つの事業をしてすべて失敗に終わりました。

そこで私は思いつきました。

世の中で成功した人すべてに会ってみよう。そして同じ質問をしよう。

「どうしたら夢が見つかり、どうしたらゆめが叶いますか?」と。

私は一年365日で365人の成功者にお会いして、何でも出来る人間になろうと思いました。

実際には180人にお会いしました。

そして気づいたことがあったんです

自分の生き方、考え方に根本的に問題があったと。

ある方に言われました。

「福島さん、4つ事業を失敗したって言うけど、失敗の定義は何ですか?」

「失敗とは、あらかじめ立てた目標に、ありとあらゆることをして、どんなに努力しても達成できなかったことです」

「ダメだ君は、君は失敗しかしないよ」

「でもどんな努力しても出来ないことってありますよね」

「ない!」 「えっ?」

「じゃあ聞くけど、ありとあらゆること、君がしたことを紙に書いてくれ」

「営業に行って断られたって言うなら、そこの会社の社員の名前は全部書けるよね?」

「提案書書いてわかってくれない人がいたって言うなら、千回は出したよね?」

「日にち書いてくれ」 「・・・・。」

私は悲しかった。なんにも書けなかったんです

営業で断られたといっても、担当者一人にしか会っていない

提案書も同じ人に5回以上出したことがなかったのです

つまり私は  『何もしていなかった』

私は、何もしていないで、ありとあらゆることをした、と、嘘をついていたんです

その方はこう言いました

「ありとあらゆることをやった人間なんていない。

なぜなら、その前に成功してしまうから」

「勝手に止めただけのことを失敗というんだ」

「それは、君が決めたんだ」

「やりたい夢ではなかった」

「初めっからやめるつもりでやってたんだろ」

「始める前に、どこでやめるか、決めていただろう」

もう、衝撃的だった・・・『その通りだった』

出来ないことを、相手や環境のせいにするのは、

『私には出来ません!』と叫んでいるようなもの

//////////

福島流『失敗の定義』の革命

この体験談は、私たちに

今の自分を見つめる指針を示してくれますね

今日も新しく、勇気を持って一歩踏み出しましょう!

限りある命

今日生きてる、自分自身にありがとう

今日も早速、天国言葉を言いましょう!

「愛してます」「ツイてる」
「うれしい」「楽しい」
「感謝します」「幸せ」
「ありがとう」「ゆるします」

『あなたにすべての良きことがなだれのごとく起きます』

笑顔で人にやさしい素敵な一日を!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. まず初めに、この度の西日本エリア中心の豪雨により被害を受けられた皆さまへ、謹んでお見舞い申し上げ...
  2. 「なんて情熱的な音なんだ‼」ソフトバンクのCMでおなじみのプロコフィエフ作曲の...
  3. ご存知でしょうか? 今、日本では新しい公害が生まれています。
  4. 6月の北海道、なぜか週末は天気が崩れる・・・梅雨がない北海道と言われるが、この6月も、7月の...
  5. おはようございます!橋本浩です。

カテゴリー

アーカイブ