ブログ

「弁当の向こう側」4月20日号 心のメール通信『Win Win』

おっはようございま?すV(^0^)
今朝は「弁当の向こう側」です。
昨日に引き続き、お弁当のお話です。
学校教育の枠を超えた
滝宮小学校に通い、2年間で11回の弁当づくりを経験し、すべてひとりで弁当づくりができるようになった小学校6年生の男の子が、こんな作文を書いています。
////////
先生、たったひとりで弁当を作れるようになりました。
献立、買い出し、調理、弁当箱詰め、かたづけ。親がいなくても全部自分でできるようになったんです。
それで気づいたことがあります。
僕、お米をつくっていません。
野菜をつくっていません。
弁当箱の中の鮭、捕まえてないです。
鮭を捕まえてくれた人がいます。
その人が乗った船をつくった人がいます。
捕まえた鮭をトラックに乗せて運んだ人がいます。
その人が乗った車をつくった人がいます。
その車が走った道をつくった人がいます。
台所でフライパンやなべを使いました。それをつくった人がいます。
ガスや電気を使いました。僕の家にそれを届けてくれた人がいます。
先生、この弁当箱の向こうでたくさんの大人たちが働いてくれています。
その人たちに感謝したいです。
でも、その大人たちの誰ひとり、名前を知りません。顔を知りません。会ったことも話したこともないんです。
その人たちが働いてくれたおかげで、僕は台所で、ひとりで弁当をつくることができたんです。
だから、先生。
弁当ひとつ、僕ひとりでつくることができません。
////////
『えっー?』これ、小学校6年生の作文なんです。もの凄くないですか?
私は、『感心』を通り越して『感激』してしまいました。
これは、すべての人の仕事、すべての人の生活をあらわしていますよね。
純粋で素直な小学生の感性から、あらためて、『生きることは一人では出来ない』ことを、教えていただきました。
今日も、感謝を笑顔にのせて!
限りある命
今日生きてる、自分自身にありがとうにこにこ
今日も早速、天国言葉を言いましょう!
「愛してます」
「ツイてる」
「うれしい」
「楽しい」
「感謝します」
「幸せ」
「ありがとう」
「ゆるします」
『あなたにすべての良きことがなだれのごとく起きます』
笑顔で人にやさしい素敵な一日を!
橋本浩

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 25年ほど前、環境NPOの活動を一生懸命していた。
  2. フラットボタン-red今年のGWは前半2泊のキャンプ。
  3. 2018.5.2

    ITの敵?
    GW前半の連休明け、朝パソコンを立ち上げると会社のインターネットの接続が出来なくなっていた。
  4. 半島の南北融和が進み、アメリカも対話路線で朝鮮半島の和平の実現が現実的となってきた。
  5. 2018.4.12

    恋の歌
    トイレに立ち寄った本屋で、思わずの衝動買い(笑)2012年に発売となった「日本の恋と...

カテゴリー

アーカイブ