ブログ

「志のリレー」2月21日号 心のメール通信『Win Win』

おはようございます

今朝は「志のリレー」です。

『ビジネスに目的はない。ビジネス行為そのものが目的になっていなければならない』by藤村正宏

エクスペリエンス・マーケティング提唱者の藤村正宏さんは、最近『安売りは悪いこと』という記事を7本投稿しています。

安売りの悪さは『誰も幸せにしないから』

例えば、生産拠点を海外に移した激安ジーンズの向こうには、安い人件費で10歳くらいの子供を一日15時間強制労働させるケースまであります。

自分だけ儲かれば良いという発想は、結果的に正社員から非正規社員へコスト削減し自社の社員を苦しめて、より安くを実現しているのです。

100円のペンは良く紛失したり、忘れたりするが、数万円する筆記用具は失さないなど、大量生産でゴミを増やすよりも地球環境にいい・・・
などなど、安売りの発想ではなく、互いに価値を創造しあう意識が大切だと語りかけます。

これはまさに、経済の語源である『経世済民』の通り、経済活動を、世の中を良く治めて人々を苦しみから救うことにシフトさせたいという『志』を感じます。

また、『食品の裏側』の著者であり、食品添加物の神様と言われた安部司さんは、長女の三歳の自宅での誕生日パーティーの食卓に並んだミートボールを見て『これは食べちゃだめだ』と急いで皿を両手で覆いました。

なぜなら、安部さんは知っていたのです。本来なら使い道がなく廃棄されるようなドロドロのくず肉が、30種類の添加物でミートボールに蘇ることを。

『自分の家族には食べさせたくない』ものを作り、売るのはもう止めよう。

翌日辞表を提出し、『食品の真実』を伝えるために、全国各地での講演会を始めるのでした。

『安さ、便利さの代わりに何を失っているのか?』『安いものには理由がある』

『身土不二(しんどふじ)』体と土は同じだという、失われつつある食の本質を伝えるんだという『志』を感じます。

あなたが生きた証として『あなたはどんな志を手渡す役割がある』と思いますか?

自分の仕事に『志』という命を吹き込むことで、こなす時間が、やりたい時間に変わります。

限りある命
今日生きてる、自分自身にありがとうにこにこ
今日も早速、天国言葉を言いましょう!

「愛してます」
「ツイてる」
「うれしい」
「楽しい」
「感謝します」
「幸せ」
「ありがとう」
「ゆるします」

『あなたにすべての良きことがなだれのごとく起きます』
笑顔で人にやさしい素敵な一日を!

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 昨年の夏以降、リサイクルショップの売上げに陰りが見え始めたようだ。
  2. 先週末の大雪は、もはや根雪かと思わせるほどの降雪量となった。
  3. 11/3-11/4と東京都町田市にある美容室 Hair Room pirikaさんで体験会&雑貨展&...
  4. 2017.11.8

    糖化について
    数年前から美容雑誌や健康雑誌で取り上げられるようになった「糖化」・・・今更、説明の必要もないと思...
  5. 私たち2人の夢をかたちにしたPirika Houseをopenして12年がたちますこ...

カテゴリー

アーカイブ