ブログ

「欠点を見つめて」4月15日号 心のメール通信『Win Win』

おはようございます
今朝は「欠点を見つめて」です。
1969年、アメリカの3M社中央研究所の研究者、スペンサー・シルバーさんは、接着力の強い接着剤の開発要求を受け、実験を繰り返していました。
そしてついにひとつの試作品を開発しました。
しかし、テストの結果、期待とは全く違う、すぐにはがれてしまう接着剤でした。
『だめだ、失敗だ』
いつもなら、このような失敗作は棄ててしまうのですが、シルバーさんは、顕微鏡で見られる不思議な現象が気になり、保存したのでした。
『これは、何か有効に使えるに違いない』
本来の目的には、全くそぐわない接着剤、具体的なアイデアはなかったものの、社内のあらゆる部門の人たちに、この発見を紹介し、見本を配り、使いみちはないか?会社中を歩いていったのでした。
それから5年後の1974年のある日曜日、教会の聖歌隊をやっていた開発メンバーのひとりアート・フライさんが、いつものように賛美歌集のページをめくりました。
その時、事件は起きたのです(笑)
フライさんが目印に挟んでいた「しおり」がひらりと滑り落ちてしまったのです。
『またかぁ、、』と思った瞬間、フライさんは、ビビビとひらめいたのです。
『そうか!これに、あの接着剤を使えばいいんだ!』
もうお分かりでしょうか?
こうして出来上がったのが、「のりのついたしおり」、今や、どこのオフィスにある必需品『ポストイット』ですV(^0^)。
接着剤は、物をくっつけるものという当たり前の常識からすると、「すぐにはがれてしまう」という接着剤は、失敗作
しかし、この成功例は、その『欠点』を『特徴』としてとらえたから、大ヒット商品が誕生したのです。
私達人間も、相手のこと、自分自身のことで、勝手に『欠点』だと決めつけてしまうことがありますね。
それを『特徴』ととらえて生かせないだろうか?
そんな発想で今日も楽しんで生きませんか?
新しい発見は、人生を豊かにデザインします!
限りある命
今日生きてる、自分自身にありがとうにこにこ
今日も早速、天国言葉を言いましょう!
「愛してます」
「ツイてる」
「うれしい」
「楽しい」
「感謝します」
「幸せ」
「ありがとう」
「ゆるします」
『あなたにすべての良きことがなだれのごとく起きます』
笑顔で人にやさしい素敵な一日を!
橋本浩

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 先週末の大雪は、もはや根雪かと思わせるほどの降雪量となった。
  2. 11/3-11/4と東京都町田市にある美容室 Hair Room pirikaさんで体験会&雑貨展&...
  3. 2017.11.8

    糖化について
    数年前から美容雑誌や健康雑誌で取り上げられるようになった「糖化」・・・今更、説明の必要もないと思...
  4. 私たち2人の夢をかたちにしたPirika Houseをopenして12年がたちますこ...
  5. 今回も無事、ケイ素ツアーを終えることが出来ました。

カテゴリー

アーカイブ