ブログ

「水のごとくに」3月26日号 心のメール通信『Win Win』

「受け取る相手と自分自身と世の中で幸せを共有するために」

おはようございます! 今朝は『水のごとくに』です

本質的には人に上も下もありませんが、

成長段階をわかりやすく例えると、

面白い連鎖関係があります

経験や体験から成長し、心が「上」にいくと、

肩書きの上下は気にならなくなり、

逆に心が「下」だと、

肩書きの上下が気になるといいます

確かに、心が「上」の人は、決して人によって態度を変えたりしませんよね。

江戸時代には、人と3回会って、

初めて名前と年齢や仕事を聞いてもよいという習慣があったそうです

それは逆に、最初に年齢や仕事を聞いてしまうと、

上下関係ができてしまうからという思いやりのようです 粋ですねぇ~

『すべてに価値の上下はない』

人にも、それぞれに「価値」があり

それぞれに「役割」がありますね

今日はステキな詩をご紹介します

/////////

『水のごとくに』 by昭和の名僧 山田無文(むもん)大師

水のごとく よどみなく
さらさらと 流れたい

どんな良いことがあっても、
どんな悪いことがあっても、
うしろをふり向かずに、
前へ前へ、
さらさらと流れたい

左右の岸にどんな美しい花が
咲いておっても、

どんなに楽しく小鳥が
鳴いておっても

その美しさをほめながら、
その楽しさをよろこびながら、
足ぶみせずに流れよう。

流れる水は凍らぬとか。

流れる水は腐らぬとか。

それが生きておるということであろう。

田畑をうるおし、
草木を養い、
魚を育てながら
決して高きを望まず、

低い方へ低い方へ、
水の流れる如く、
わたくしも流れたい

///////////

水のごとく生きる・・・心の賢者を目指すことは出来ますね

今日も、自然体でまっすぐに生きましょう

限りある命

今日生きてる、自分自身にありがとう

今日も早速、天国言葉を言いましょう!

「愛してます」「ツイてる」
「うれしい」「楽しい」
「感謝します」「幸せ」
「ありがとう」「ゆるします」

『あなたにすべての良きことがなだれのごとく起きます』

笑顔で人にやさしい素敵な一日を!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 先日、ある方が独立して美容室を出店することが決まり、弊社に打ち合わせに来られた。
  2. こんにちは。橋本です。
  3. 先週の金曜日、宿泊先のホテルでNHKのガッテン(再放送)を偶然見た。
  4. 2018.1.29

    働くクルマ
    週明けの仕事はまず、除雪作業から。
  5. 冬至以降、少しずつ陽が長くなっていくことが嬉しい。

カテゴリー

アーカイブ