ブログ

「生きるということ」1月19日号 心のメール通信『Win Win』

おはようございます
今朝は「生きるということ」です。

2012年の日本は、15年ぶりに自殺者が3万人切り、2万7766人となり、三年連続減少となったというニュースが一昨日流れました。
ある国では、明日は生きられないかも知れないと飢えや貧困の苦しみから、
この衣・食・住に恵まれた日本では、『お金』や『名誉』や『健康不安』、『人間関係』などの破綻から、自ら命を断っています。
『いじめがつらい』『大失敗した、もうだめだ、破産だ』『誰もわかってくれない』、『どの顔下げて生きていけばいいんだ』、、
死んだっていい、いなくなっていい、
つい思うのかも知れません、、、
しかし、必ず、解決の糸口はあります。

もし何かがあったなら、親は血の涙を流します。それは忘れてはいけませんね。
何かにつまづいた時、『どうせ私なんか、、』と長いトンネルから抜け出せないときはありますか?
私は、やる気を失いかけた時、つらいことが起きた時、自分の身近な人が亡くなられた時のことを思い出し、立ち返ることがあります。
『どんなに望んでも、今日という日を迎えられなかった、大切な人の思い』が、自分が今を生きるエネルギーに変わります。
『人は何のために生まれ、何のために生きるのか?』

何かにつまづいたとき、こんな問いに、悩まされることがあります。
そんなとき、世の中の賢者たちは、口を揃えてこう答えてくれます。

『人は誰もが生きるために生まれ、自分の道を生きるために生きるのです。』と。

今、穏やかな顔をして、楽しそうに暮らしているおばあちゃんも、戦争を経験したり、食べることすらできなかったり、、
孫や子供に、そんな思いだけはさせたくはないと、いろいろな経験をして命を燃やして生きて来ました。
誰にでも、大変な時期はあります。
または、今までに経験してきたこともあるでしょう。
経験してきた方は、今、その時期を振り返って、どう思いますか?

『あの時は大変だった』という思いから
『だから今はありがたい』
『だから、あの時に比べたら今なんか幸せ』
『だからあの時を思うとエネルギーが湧いてくる』

そう感じませんか?

ピンチは、成長出来る未来の種

人は誰でも『ピンチをチャンスに』変えることが出来ます。

心を強く持ち、いざ!

限りある命
今日生きてる、自分自身にありがとうにこにこ
今日も早速、天国言葉を言いましょう!

「愛してます」「ツイてる」
「うれしい」「楽しい」
「感謝します」「幸せ」
「ありがとう」
(自分自身を)「ゆるします」
『あなたにすべての良きことがなだれのごとく起きます』
笑顔で人にやさしい素敵な一日を!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 昨年の夏以降、リサイクルショップの売上げに陰りが見え始めたようだ。
  2. 先週末の大雪は、もはや根雪かと思わせるほどの降雪量となった。
  3. 11/3-11/4と東京都町田市にある美容室 Hair Room pirikaさんで体験会&雑貨展&...
  4. 2017.11.8

    糖化について
    数年前から美容雑誌や健康雑誌で取り上げられるようになった「糖化」・・・今更、説明の必要もないと思...
  5. 私たち2人の夢をかたちにしたPirika Houseをopenして12年がたちますこ...

カテゴリー

アーカイブ