ブログ

「真珠の輝き」5月1日号 心のメール通信『Win Win』

おっはようございま?すV(^0^)
今朝は「真珠の輝き」です。
『自分の研究所で、できなかったものが二つある。一つはダイヤモンドで、もう一つは真珠である。あなたが動物学上からは不可能とされていた真珠を発明完成させたことは、世界の驚異だ』byエジソン
真珠?発明?
真珠を人工的に作ることがいかに難しかったのかを、最近知りました。
そもそも真珠は、真珠貝の中に砂のようなものが自然に入り、それを貝の出す真珠質が取り巻くことで作られる宝石で、自然界では実は、数千個に一個の割合で偶然に出来るほど稀少なものでした。
その常識を破り、18年の歳月を研究、実験を重ね、世界で初めて人工的に真珠の養殖方法を確立した人物がいました。
それは、三重県鳥羽市生まれの御木本幸吉(みきもとこうきち)さんでした。
冒頭の言葉は、昭和2年にニューヨーク郊外のエジソン邸で、ミキモトさんがエジソンに贈り物としてミキモトパールを差し出した際に、感嘆して直接いただいた言葉でした。
乱獲、赤潮、トラブルの連続、、
『もうダメかもしれない、』
しかし、幸吉さんには、良き理解者であり、いつも支えてくれた最愛なる妻のうめさんがいました。
二人三脚で乗り越えていったのでした。
養殖法の特許がとれ、まさにこれからという時に、最愛のうめさんが32歳の若さで病死してしまいます。
それからというもの、御木本さんは、妻の位牌をなでては感謝の報告をする毎日になりました。
幸吉さんにとって、苦しいときも、嬉しいときも、いつもそばに寄り添い、ともに泣き、ともに笑った優しい妻。二人で作った真珠で、うめさんを美しく飾ってあげたかった!
そんな叶わなかった夢が、『世界中の女性の首を真珠で飾ってご覧に入れます』と明治天皇に発言したほどの、覚悟につながっているように思います。
『あなたは大切な人はいますか?』
『その人は笑っていますか?』
『その人が笑顔になるためにあなたは何をしますか?』
あなたの姿を見て、大切な人が笑顔になるように、今日も一日、張り切って参りましょう!
限りある命
今日生きてる、自分自身にありがとうにこにこ
今日も早速、天国言葉を言いましょう!
「愛してます」
「ツイてる」
「うれしい」
「楽しい」
「感謝します」
「幸せ」
「ありがとう」
「ゆるします」
『あなたにすべての良きことがなだれのごとく起きます』
笑顔で人にやさしい素敵な一日を!
橋本浩

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 先週末の大雪は、もはや根雪かと思わせるほどの降雪量となった。
  2. 11/3-11/4と東京都町田市にある美容室 Hair Room pirikaさんで体験会&雑貨展&...
  3. 2017.11.8

    糖化について
    数年前から美容雑誌や健康雑誌で取り上げられるようになった「糖化」・・・今更、説明の必要もないと思...
  4. 私たち2人の夢をかたちにしたPirika Houseをopenして12年がたちますこ...
  5. 今回も無事、ケイ素ツアーを終えることが出来ました。

カテゴリー

アーカイブ