ブログ

「第三者からのメッセージ」4月14日号 心のメール通信『Win Win』

おはようございます
今朝は「第三者からのメッセージ」です。
「きみが輝くとき」 詩:坂本光男
人が輝くとき 額に汗があふれている。
人が輝くとき 真剣にいどむ眼(まなこ)がある。
きみは輝いているか。
あしたがあるからと 今やることを後回しにしていないか。
テレビやファミコンに負けて
出来ることをそのままにしていないか。
自分に力があるのに
しんどさとめんどくささで
どうでもいいと思っていないか。
きみも輝こうじゃないか。
みんなで一緒に輝こうじゃないか。
生命(いのち)は一つ、自分も一つ。
けれども可能性は無限にある
きみはそれに気づいているか。
気づいていないだけではないか。
さあ きみも輝こう。
額に汗をにじませ、真剣にいどみ
精一杯の力を出そう。
きみが輝くとき
人間の未来も輝くのだから
////////
先日もご紹介しましたが、この詩は、3年B組金八先生のモデルとなった、坂本光男さんの書き残した詩集『人間らしく自分らしく』から引用したものです。
「ファミコン」という言葉が、1982年に書かれたこの詩の時代を感じさせますが、メッセージの本質は色あせることなく、ビシビシと伝わってきます。
一つの思いを「見つめる」と、その思いには、背景があり、言葉があり、、
「思い」を見つめるうちに、見えなかったものが見えてきたり、初めはわからなかったものがわかってくることもありますね。
人が経験や思いから、「人間らしく」そして「自分らしく」成長していくには、
こんな第三者からのメッセージがやはり必要です。
坂本さんの『きみは輝いているか?』の問いに、今日もはっきりと答えましょう。
『はい。坂本さん、励ましの言葉ありがとうございます。今日自分はキラキラと輝いています!』と。
今日も笑顔と優しさを持って、社会に幸せの種をまきましょう!
限りある命
今日生きてる、自分自身にありがとうにこにこ
今日も早速、天国言葉を言いましょう!
「愛してます」
「ツイてる」
「うれしい」
「楽しい」
「感謝します」
「幸せ」
「ありがとう」
「ゆるします」
『あなたにすべての良きことがなだれのごとく起きます』
笑顔で人にやさしい素敵な一日を!
橋本浩

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. たいふういっか・・・「台風が過ぎ去った後のように、周りが雑然とぐちゃぐちゃになるような騒々しい家族」...
  2. 世界一わかりやすい紙芝居によるケイ素説明会を開催します。
  3. アメリカの小売業をインターネット通販のアマゾンが席巻し、実店舗を展開する百貨...
  4. 秋のキャンプは、星空がとても奇麗で幻想的でもある。紅葉も美しい。虫も少なく快適。
  5. 会社というものは経済活動の基盤でもあるがその法人力を活かして、そこで働く人たちの夢を応...

カテゴリー

アーカイブ