ブログ

「管理人のおじさん」3月13日号 心のメール通信『Win Win』

「受け取る相手と自分自身と世の中で幸せを共有するために」

おはようございます! 今朝は『管理人のおじさん』です

ちょっといい話をご紹介します

ある新宿の駐車場に、元気で明るい、管理人のおじさんがいました。

「おはようございます!今日も天気でいい一日ですね」

定年後、家が近くなので、この仕事を始めたそうです。

ある朝、急に雨が降りだし、傘がなく、車から出られずに困っていると、

「傘忘れました?これどうぞ」

「それ、おじさんの傘じゃないの?」

「いいから、持って行ってください」

そんな、思いやりのあるおじさんでした

その駐車場は、満車になると、

「満車」と書かれた看板を立て、

ロープを張って、車が入らないようにするのがルールでした

管理人さんは、他にも3人いて、

他の管理人さんは、満車になると、看板を立てロープを張って、

管理人室で漫画を読んだり、一人で囲碁をやったりしていました。

しかし、そのおじさんは違いました。

ロープの外に立って、入れない車の運転手に

「満車です、申し訳ありません、」と頭をさげて謝って、

そして、車が見えなくなるまで、頭を深々と下げていました

雨の日も、風の日も、、

「あそこまでしても、他の人と、給料は変わらないのになぁ、、」

そんなある日、駐車場に車を入れると、その管理人のおじさんが近づいてきて、こう言いました。

「実は今週一杯でこの仕事を辞めることになりました」

「妻が肺を患ってしまったので空気のきれいな田舎で暮らすことにしました、いろいろお世話になりました」と。

「淋しくなるなぁ」

今日がおじさんの最後という日、

私は、ちょっとした感謝の気持ちで、

2千円の菓子折りをおじさんに持っていくことにしました。

駐車場に着いてびっくり!

目の前には、本当に信じられない光景が広がっていました

人があふれかえっていたのです

そして、プレハブの管理人室には、

花束がいっぱい積み上げられ、

置ききれないほどのお土産が、あふれかえっていたのです

「いつも傘を貸してくれてありがとう!」

「あの時、重い荷物を運んでくれて、助かりました!

「おじさんに挨拶の大切さを教えていただきました!

これまでどのように仕事に関わってきたか、周りの人が教えてくれたのです。

人と人とのつながりの中で生まれる感動、あふれる感謝の言葉

おじさんは言いました

「私に出来ることは、挨拶すること、謝ることくらいです。

でも私はいつも、自分が今やっている仕事を楽しみたい、そう思っているだけなんです・・」

つまらない仕事なんかありませんね。

仕事に関わる自分の姿勢が

すべての仕事をキラキラとさせてくれます

限りある命

今日生きてる、自分自身にありがとう

今日も早速、天国言葉を言いましょう!

「愛してます」「ツイてる」
「うれしい」「楽しい」
「感謝します」「幸せ」
「ありがとう」「ゆるします」

『あなたにすべての良きことがなだれのごとく起きます』

笑顔で人にやさしい素敵な一日を!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 11/3-11/4と東京都町田市にある美容室 Hair Room pirikaさんで体験会&雑貨展&...
  2. 2017.11.8

    糖化について
    数年前から美容雑誌や健康雑誌で取り上げられるようになった「糖化」・・・今更、説明の必要もないと思...
  3. 私たち2人の夢をかたちにしたPirika Houseをopenして12年がたちますこ...
  4. 今回も無事、ケイ素ツアーを終えることが出来ました。
  5. 17日の火曜日、所属する北海学園グリークラブのOB会で、日台友好合唱会に参加した...

カテゴリー

アーカイブ