ブログ

「脳と言葉」3月6日号 心のメール通信『Win Win』

「受け取る相手と自分自身と世の中で幸せを共有するために」

おはようございます!今朝は『脳と言葉』です

健康学者、作家の佐藤富雄さんは、大脳・自律神経系と人間の言葉の関連性に着目し、自らの著書でこう語っています

人間の脳は、大脳と原始脳に分かれているそうです。

そして面白いのは、原始脳は、「主語」が認識出来ないのだとか。

どういうことかというと、例えば、「あいつは馬鹿だ」と言ったとします。

「あいつは」と言っているのに、原始脳の方では、「あいつは」が認識されない。

認識されるのは「馬鹿だ」という部分だけ。

『えっ?(^-^;(笑)』

つまり、自分に「馬鹿だ」と言っているのと同じことになってしまうのです。

で、原始脳は身体の機能を司る大切なところなので、

「馬鹿だ」という言葉に反応して、身体も疲れてしまうというのです

否定的な言葉を相手に投げると、自分にもダメージがあるということですね

ということは、逆もしかりですね

『自分の言葉を1番聞いているのは、間違いなく自分自身』

プラスの言葉や愛情や感謝の言葉は、

身体を癒し、心を和ませ、

マイナスの言葉や、

嫉妬、ねたみ、愚痴は、自分自身の身体を疲れさせます

今日も自分自身の「意識と言葉」でポジティブに生きましょう!

限りある命

今日生きてる、自分自身にありがとう

今日も早速、天国言葉を言いましょう!

「愛してます」「ツイてる」
「うれしい」「楽しい」
「感謝します」「幸せ」
「ありがとう」「ゆるします」

『あなたにすべての良きことがなだれのごとく起きます』

笑顔で人にやさしい素敵な一日を!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 冬至以降、少しずつ陽が長くなっていくことが嬉しい。
  2. みなさん、こんにちは。橋本 浩です。
  3. あけましておめでとうございます。2018年がスタートしました。
  4. 2017.12.26

    年末のご挨拶
    弊社は明日27日の営業をもって、年内の業務を終了させていただきます。
  5. 昨年の夏以降、リサイクルショップの売上げに陰りが見え始めたようだ。

カテゴリー

アーカイブ