ブログ

「自分だけの北極星」2月26日号 心のメール通信『Win Win』

「受け取る相手と自分自身と世の中で幸せを共有するために」

おはようございます!今朝は『自分だけの北極星』です

植松努さんをご存じでしょうか?

彼は、北海道赤平市の中小企業の社長さんです、

その会社では次世代スペースシャトル用のエンジン開発などの

宇宙開発事業を行っていて、NASAより宇宙に近い町工場とも言われています。(笑)

彼は、幼い頃から飛行機やロケットが大好き

進学や受験勉強には全く関係のない勉強をコツコツと続けていました

中学の進路相談では、「飛行機やロケットの仕事がしたい」と言うと、

「ばかじゃないの?お前の頭で出来るわけないだろう?

この街に生まれた段階で無理。飛行機やロケットの設計は東大出じゃないと出来るわけがない」と言われたそうです。

でも彼の心の中にいたライト兄弟が「僕たちは東大に行っていないよ」とささやいたそうです(笑)

周りから「そんな趣味は無駄だ、受験に関係ないことはするな」と言われ続けますが、

大学に進学し、そこで専攻した『流体力学』は、馬鹿呼ばわりされながらもずっと続けてきた勉強そのものだったそうです。

彼は語ります。『学問も、学歴も、お金も、資格も、全てはやりたいことを実現するための手段でしかないのに、

いつの間にか、本当にやりたいことが見つからなくなって、手段が目的になってしまった今の社会、

そういう間違った世の中の価値観をボカンとひっくり返したいですねぇ(笑)』と。

彼の夢は
『未来を信じない人たちをなくしたい。

「どうせ無理」という言葉を世の中から撲滅したい。

お金という価値だけに支配されない、人間の価値を大切にする社会を構築すること』と言います。

そして彼は講演会で『夢とは「北極星」だ』と語ります

一生たどり着くことはないけれど、

一生手に届くことはないけれど、

それがあるから、

自分がどこに向かっていいのかがわかる

「自分だけの北極星、それが夢」

あなたに今、夢はありますか?

夢という言葉は、漠然としているようですが、

具体的に見つめると、こう言えます

夢とは、
「自分の人生をどんな人生にしたいのか?」

「自分の人生をどんな人として生きたいのか?」

「人生の人生を使ってどんな世の中にしたいのか?」

これを決めることが夢ではないでしょうか?

「自分だけの北極星」は、

どこかにあるものでも、外で巡り合うものでもなく、

自分自身の心の中で『はやく見つけてね』と言って、キラキラと輝いています

限りある命

今日生きてる、自分自身にありがとう

今日も早速、天国言葉を言いましょう!

「愛してます」「ツイてる」
「うれしい」「楽しい」
「感謝します」「幸せ」
「ありがとう」「ゆるします」

『あなたにすべての良きことがなだれのごとく起きます』

笑顔で人にやさしい素敵な一日を!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 11/3-11/4と東京都町田市にある美容室 Hair Room pirikaさんで体験会&雑貨展&...
  2. 2017.11.8

    糖化について
    数年前から美容雑誌や健康雑誌で取り上げられるようになった「糖化」・・・今更、説明の必要もないと思...
  3. 私たち2人の夢をかたちにしたPirika Houseをopenして12年がたちますこ...
  4. 今回も無事、ケイ素ツアーを終えることが出来ました。
  5. 17日の火曜日、所属する北海学園グリークラブのOB会で、日台友好合唱会に参加した...

カテゴリー

アーカイブ