ブログ

「行動がアイデアを実現する」4月8日号 心のメール通信『Win Win』

おはようございます
今朝は「行動がアイデアを実現する」です。
大学時代の孫正義さんは、あることに悩んでいました。
大学で勉強もしっかりしたいけど、お金も稼ぎたい。
しかし、アルバイトをすれば、今度は勉強がおろそかになる。両立は可能なのか?
あなたなら、どう思いますか?
人は『可能だ』と思えば、自然に可能な方法を探し始めて、必ず、その方法を手にすることが出来ます。
孫さんが挑戦したのは「発明」です。
発明が実用化されれば一ヶ月に100万円以上の収入はあるだろうと考えたのです。
そこで、孫さんは最初に何をしたのか?
なんと、「アイデアが自由自在に思い浮かぶ方法」から考えたのです。
そして、5分で1件のアイデアを見つけられる方法を「発明」します。
そこから生まれたアイデアが実用化されたのが「音声付き電子翻訳機」。
これで特許料1億数千万円のお金を手にして、ソフトドリンクを立ち上げる資金となりました。
『アイデアを自由自在に生み出す方法とは?』
「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」byジェームス・ヤング(著書:アイデアのつくり方より)
孫さんがしていた手法はこうです。
1、既存にあるものを3つあげる
2、それぞれの要素を分解しながら組み合わせて、いままでにないものを作る
たったこれだけです(笑)
具体的には単語が書かれた数百のカードから3つのカードを引いてアイデアに結び付けるというもの。
孫さんはこの方法で「一日一発明」を日課にし、なんと一年で250ものアイデアを生み出しています。凄いV(^0^)
孫さんが発明した「音声付き電子翻訳機」とは、キーボードで日本語を入力すると、その日本語の英訳文が音声として出力されるというもの。
当時は誰も考えもしない画期的な発明だったのですが、実は、
「電卓」+「辞書」+「スピーチシンセサイザー」=「音声付き電子翻訳機」
この3つの組み合わせで生まれたのでした。
孫さんの「もの凄い」ところは、『自分では作れないから、その分野の第一人者に作ってもらおう!』と、大学教授をひとりひとりまわって、協力者を探し、見つけたことでした。素敵な行動力ですね(^^)v
アイデアは大切。しかし、そのアイデアを実現するためには、行動が何よりも大切ですね!
今日も勇気を持って、行動いたしましょう!
限りある命
今日生きてる、自分自身にありがとうにこにこ
今日も早速、天国言葉を言いましょう!
「愛してます」
「ツイてる」
「うれしい」
「楽しい」
「感謝します」
「幸せ」
「ありがとう」
「ゆるします」
『あなたにすべての良きことがなだれのごとく起きます』
笑顔で人にやさしい素敵な一日を!
橋本浩

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 先週末の大雪は、もはや根雪かと思わせるほどの降雪量となった。
  2. 11/3-11/4と東京都町田市にある美容室 Hair Room pirikaさんで体験会&雑貨展&...
  3. 2017.11.8

    糖化について
    数年前から美容雑誌や健康雑誌で取り上げられるようになった「糖化」・・・今更、説明の必要もないと思...
  4. 私たち2人の夢をかたちにしたPirika Houseをopenして12年がたちますこ...
  5. 今回も無事、ケイ素ツアーを終えることが出来ました。

カテゴリー

アーカイブ