ブログ

「謙虚さから見えるもの」7月13日号 心のメール通信『Win Win』

「受け取る相手と自分自身と世の中で幸せを共有するために」
おはようございます!
今朝は『謙虚さから見えるもの』です
「会う人、出会うもの、すべて我が師なり」
「行き詰まりは展開の一歩である」
「晴れた日は晴れを愛し、雨の日は雨を愛す。楽しみあるところに楽しみ、楽しみなきところに楽しむ」
日本を代表する作家、吉川英治さんの言葉です。
吉川英治さんは亡くなる二年前の昭和35年、文化勲章を受賞されました。
その授賞式の朝、このような句を詠まれています
『菊の日や もう一度紺がすり 着てみたし』
この句の思いはこうです。
「日本の中で、ほんのわずかな人しか貰うことのできない最高の栄誉をいただくことになった。
けれど、自分はそんな立派な勲章をもらえるような人間ではない。それなのにもったいないことだ。
ここで威張ってはいけない。そり返ってはいけない。
今こそもう一度、あの紺がすりの着物を着て勉強した書生時代の気持ちになって、勉強しなければ、、」

という謙虚な気持ちから詠まれた句だそうです。
吉川さんは作品「宮本武蔵」で、「我以外皆我師」という言葉を残しています。
自分以外の人でも物でも皆、自分に何かを教えてくれる先生だという意味です。
私たちは皆、この世に生を受けるとき、言葉も何もわからない純粋無垢な状態で生まれてきます。
そして、親から、友から、学校の先生から、大自然から、いろいろなことを学び吸収し、成長していきます。
ところがいつのまにか、「謙虚に学ぶ心」を忘れ、他人の未熟さが気になるようになってしまいます
「人をそしりては、我が身の失をかえりみる、これ人を鏡とする心なり」
鎌倉時代の僧、無住のこの言葉は、
人のあやまちというものは目につきやすいものですが、そのあやまちを非難する時でさえ、形こそ違え、
自分も同じようなあやまちを犯してはいないか、と自分自身への反省を忘れてはならないという戒めです。
人のあやまちはよくわかるものですが、自分自身のあやまちというものはなかなか見えないもの。
自分自身のあやまちに気がついたときには、謙虚に見つめ、自らを正す勇気を持って行動し向上していきたいですね。
謙虚さから見えるものの大切さ
『日本人の古きよき心の伝統』を私たちも受け継いで参りましょう
限りある命
今日生きてる、自分自身にありがとうにこにこ
今日も早速、天国言葉を言いましょう!
「愛してます」
「ツイてる」
「うれしい」
「楽しい」
「感謝します」
「幸せ」
「ありがとう」
「ゆるします」
『あなたにすべての良きことがなだれのごとく起きます』
笑顔で人にやさしい素敵な一日を!
橋本浩

橋本浩とfacebookで繋がりましょう!
http://www.facebook.com/hiroshi.hashimoto.12
ボクのTwitterもよろしくです!フォローしてくれると、うれしいです
http://twitter.com/#!/@hirohiropi0313
お取引先支援 心のメール通信「Win Win」毎日配信中!
あなたのお店でも、下記の商品を取り扱ってみませんか?是非お問合せください。 
信頼できる新しいアイテムを取り入れることで、お店に新鮮な風をお届けします。
自然派発酵コスメ「コスメ・デ・キレート」、オーガニックフルボ酸飲料「ヴィーダフル」の卸販売、
姫路の天然水「アクアーリオ」他ビーワンシリーズの卸販売、
ベル美容外科クリニックとの医療提携の斡旋(金の糸美容術、再生医療FGF、DNA診断による体質の遺伝解析など)、
歯医者さんとは違う「歯のホワイトニング」機器の販売
(株)日本環境科学HP http://b-web21.com

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 11/3-11/4と東京都町田市にある美容室 Hair Room pirikaさんで体験会&雑貨展&...
  2. 2017.11.8

    糖化について
    数年前から美容雑誌や健康雑誌で取り上げられるようになった「糖化」・・・今更、説明の必要もないと思...
  3. 私たち2人の夢をかたちにしたPirika Houseをopenして12年がたちますこ...
  4. 今回も無事、ケイ素ツアーを終えることが出来ました。
  5. 17日の火曜日、所属する北海学園グリークラブのOB会で、日台友好合唱会に参加した...

カテゴリー

アーカイブ