ブログ

「逆境の力」10月9日号 心のメール通信『Win Win』

ある風景
「受け取る相手と自分自身と世の中で幸せを共有するために」
おはようございます!
今朝は「逆境の力」です
あるバンドが、やっと仕事を見つけました。
それは、海を渡り、他国ドイツのハンブルクのクラブでの演奏でした。
当時のハンブルクはギャングの町。銃声が鳴り響く犯罪都市でした。
仕事と言っても、食事は昼に一度、ミルクをかけたコーンフレークが一杯出されるだけ。クラブでは、ひと晩で10?12時間と出ずっぱりのステージ。控室はトイレ。宿泊先は隣の映画館の裏の物置。
そして客は、音楽なんか聞く気もない荒くれ者たち(笑)
そんな生活を5ヶ月間続けたある日、メンバーの一人が18歳以下であることがばれて、逮捕され国外追放に。さらにもう一人が寝泊まりしていた映画館でマッチをつけたところ壁が黒焦げに。ボヤ騒ぎとなり、放火の容疑で国外追放に。
こうして、有名になることを夢見ていたメンバーは、失意のドン底で、本国に帰りました。
あるメンバーは帰国後、家でゴロゴロ。そんな姿を父親に叱られ、しぶしぶ就職します。
最初はトラックの荷物の積み降ろしの仕事に就きますが、2週間でお払い箱に。次に見つけた電気のコイルをまく仕事では、他の工員が一日10個以上仕上げるのに、自分は一個半という超不器用。
しかし、ひとりだけ、あきらめない男がいたのです。
メンバーの元を訪れては『もう一度バンドやろう!』と励まし続けたのでした。
そして、チャンスは訪れました。
1960年12月27日
後に劇的なターニングポイントといわれる日を迎えます
リザーランドのタウンホールに立ち、歌うや、『うわーッ!キャー』という大歓声が起き、客は総立ち。観客が金切り声でステージに押し寄せました。
歌ったのは『ロング・トール・サリー』
この日からバンド『ザ・ビートルズ』の伝説が始まりました。
ドン底だったハンブルクでの5ヶ月に渡るハードな演奏生活の中で、彼らの音楽は劇的に進化していたのです。
ジョンレノンはのちに、こう振り返ります。
『ハンブルクで僕らは本当のロックバンドに成長したんだ。12時間ぶっ続けで言葉の通じない、しかも音楽などまるでお目当てでない種類の人間をのせるだけのものを、僕らは身につけていた。あのひどい夜に、一番大切な何かを自分たちのものにしていた』と。
今日の逆境は、必ず未来の糧になる
今ある環境に、自信を持って望みましょう!
限りある命
今日生きてる、自分自身にありがとうにこにこ
今日も早速、天国言葉を言いましょう!
「愛してます」
「ツイてる」
「うれしい」
「楽しい」
「感謝します」
「幸せ」
「ありがとう」
「ゆるします」
『あなたにすべての良きことがなだれのごとく起きます』
笑顔で人にやさしい素敵な一日を!
橋本浩
橋本浩とfacebookで繋がりましょう!
http://www.facebook.com/hiroshi.hashimoto.12
ボクのTwitterもよろしくです!フォローしてくれると、うれしいです
http://twitter.com/#!/@hirohiropi0313
お取引先支援 心のメール通信「Win Win」毎日配信中!
あなたのお店でも、下記の商品を取り扱ってみませんか?是非お問合せください。 
信頼できる新しいアイテムを取り入れることで、お店に新鮮な風をお届けします。
自然派発酵コスメ「コスメ・デ・キレート」、オーガニックフルボ酸飲料「ヴィーダフル」の卸販売、
姫路の天然水「アクアーリオ」他ビーワンシリーズの卸販売、
ベル美容外科クリニックとの医療提携の斡旋(金の糸美容術、再生医療FGF、DNA診断による体質の遺伝解析など)、
歯医者さんとは違う「歯のホワイトニング」機器の販売
(株)日本環境科学HP http://b-web21.com

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 先週末の大雪は、もはや根雪かと思わせるほどの降雪量となった。
  2. 11/3-11/4と東京都町田市にある美容室 Hair Room pirikaさんで体験会&雑貨展&...
  3. 2017.11.8

    糖化について
    数年前から美容雑誌や健康雑誌で取り上げられるようになった「糖化」・・・今更、説明の必要もないと思...
  4. 私たち2人の夢をかたちにしたPirika Houseをopenして12年がたちますこ...
  5. 今回も無事、ケイ素ツアーを終えることが出来ました。

カテゴリー

アーカイブ