ブログ

ありがとうございました。

ユニークな企画で全国的にも有名な、くすみ書房さんが閉店する。

くすみ書房さんと久住社長には、弊社がまだ法人化していない立ち上げの頃から、お世話になると同時に懇意にもしていただいた。自分にとって久住社長は、少し年の離れた兄のような存在だった。

時代の変化に伴い街の本屋さんが消えてゆく中、そのユニークな企画は度々ニュースにも取り上げられ、全国区の本屋となったくすみ書房。その灯が消えゆくことは、大切な文化そのものを失うような淋しさがある。

20150612-171656.jpg

20150612-171708.jpg

今日、くすみ書房での最後の買い物。
久住社長には会えなかったが、一段落したら、またゆっくり呑みたいものだ。
お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

20150612-171957.jpg

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. たいふういっか・・・「台風が過ぎ去った後のように、周りが雑然とぐちゃぐちゃになるような騒々しい家族」...
  2. 世界一わかりやすい紙芝居によるケイ素説明会を開催します。
  3. アメリカの小売業をインターネット通販のアマゾンが席巻し、実店舗を展開する百貨...
  4. 秋のキャンプは、星空がとても奇麗で幻想的でもある。紅葉も美しい。虫も少なく快適。
  5. 会社というものは経済活動の基盤でもあるがその法人力を活かして、そこで働く人たちの夢を応...

カテゴリー

アーカイブ