ブログ

『能力を引き出すアドバイス』とは?

image

こんにちは。橋本 浩です。今日は、こんなお話をしたいと思います。

あなたが、ある競技の指導者だとします。

目標のタイムに、なかなか近づけずに苦しんでいるアスリートがいました。

その子から、その苦しみを打ち明けられた時、

あなたは、何とアドバイスをしますか?

A『お前はまだまだ、練習が足りないからだ!』ですか?

B『何を弱気なことを言ってるんだ!そんな精神だからうまくいかないんだ。メンタルを鍛えろ!』でしょうか?

AやBは、いわゆる日本式指導といわれるトレーニング方法です。

では、アメリカの指導者なら、こんな時、何と言うのでしょうか?

元日本代表の競泳選手、千葉すずさんは、アメリカの留学先でカルチャーショックを受けたそうです。

目標記録をクリア出来ないプレッシャーに包まれ、ただただ黙々と泳ぐ毎日、

『タイムが上がらないのは、私の性格のせい?』
『昨日早く寝なかったから調子が上がらないんだ』と、24時間、水泳のことで頭が一杯だったそうです。
常にアクセル全開で。

そんな苦しみをアメリカのコーチに打ち明けたのです。

するとコーチは、

『そうか、じゃあ、気分転換にちょっと旅行でも行ってきたら?』と言われたんです。

しかもオリンピックが間近に迫った一番大切な時期に。

千葉すずさんは、

『今、練習を休んだら致命的じゃないですか?』と言いました。

するとコーチは、

『すず、そんな発想だから負けるんだよ』と。衝撃発言です^_^/

アメリカは、練習で失敗すると、

『良かったね、今、失敗して。今だったら勉強になる。練習はたくさん失敗して学ぶためにある』

日本は、普段から失敗しないように段階を踏み積み上げていくスタンス。

本番で失敗した時の対応力の違いにつながると言います。

全てではありませんが、勤勉であり、几帳面な性格の日本人の場合、
自分で自分自身を追い詰めていきます。
それは、過度のストレス、過度の萎縮につながり、悪循環を招きます。

伸びきった『ゴム』は、それ以上伸びない
一度緩めるとまた、ゴムはさらに伸びる

『あなたのことは信頼している』と言葉や表現で伝える
そんな大きな愛を持って、見えない足かせを外してあげる、

そんな指導者、素敵ですね^_^/

先輩でも、親でも、指導者でも、

本当に大切な基本は同じ

『愛と信頼』

そう感じる今日この頃です ^_^/

image

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 9/17-18はヘッドスパ全国コンテストで優勝された日本一のヘッドスパニスト、濱口奈央先生のヘッドス...
  2. 6日未明の北海道地震からまる5日が過ぎた。まだ油断はできないが余震も大分収まってきた。
  3. 昨日未明に起きた地震の影響で、9月7日金曜日現在も弊社のある札幌市西区宮の沢地区は依然停電が続いてお...
  4. 仙台出張の際、新しい商品のご紹介もかねて、お取引先のアトリエパドクワさんを訪ねる。
  5. お盆休みも終わり、今日から通常営業。

カテゴリー

アーカイブ