ブログ

BSC環境フォーラムin札幌

昨日はBSC環境フォーラムin札幌でした。

池川明医師と山下玲夜さんの講演会&トークセッションでした。およそ100名の方々に札幌テレビ塔にお集まりいただきました。

img_2142

池川明先生は、自然分娩がモットーの池川クリニック院長で胎内記憶の第一人者です。

昔はきれいな羊水の中で赤ちゃんは成長していましたが、現在は羊水のヨゴレや臭いが激しいことも多々あり、

時には、シャンプーの匂いだとはっきりとわかるそうです。これは一例にすぎませんが、

それだけ、体内に入り込んだ化学物質は、上手に体外へ排泄できていない現実があります。

現代社会では、食品添加物や生活日用品から、化学物質を吸収しないで生活することは、出来ないでしょう。

だからこそ、体外へ出すこと、体内へ入れる量を減らすことが大切だと語られました。

img_2145

また、現場で実際に継続して研究された結果である「赤ちゃんの胎内記憶」のお話しは、何より人を幸せにするお話しだと感じました。
人は例外なく、生まれてきただけで親を幸せにした、親の願いを叶えた、というお話しは、時間をさかのぼり笑顔になれました^_^

山下玲夜さんは、経皮毒研究会代表です。

img_2149

化学物質は呼吸からも吸収し、直接血液に届きます。天然成分のアロマテラピーであれば、医学的な治療に活用されることもありますが、化学物質は身体に悪影響を与えます。

また、化学物質は皮膚からも吸収します。これがいわゆる「経皮吸収」です。

化学物質を仕事には欠かせない、お取引先の理美容師の方々は、毎日のようにその影響を受けています。だからこそ知っていただきたいことです。

理美容師のシャンプーなどによる手荒れは日本一多い職業病ですが、「知ること」で改善されることも多々あります。

日常的な飛沫からの、気化したものからの呼吸による体内への吸収は避けられません。

だからこそ、デトックスする運動や食事、サプリメントなどが、他の職業の方々よりも必要だと感じています。

健康でなければ、好きなことも楽しめませんし、健康でなければ、大切な人の心を笑顔に出来ませんからね。
今回講演された山下さんは、子宮が25センチまで拡大し、数年にわたる病院での投薬やホルモン治療では一切改善されず、自分の力で尿も出せないほど苦しんでいらっしゃいましたが、

ある方の提案で「日用品のシャンプーを変える」ことで、徐々に痛みも治まり、自力で尿もできるようになり、現在は子宮が5.4センチまでになられたとお話しになりました。
身体を害していたものの吸収を少量化することで、自身の自然治癒力が引き出されたと感じているそうです。

ご自身の体験をお話しすることによって、誰かが、経皮毒や経世代毒性を知ることで避けられる苦しみから解放されることを願っていらっしゃいます。

地位や名誉やお金ではなく、「社会のために誰かのお役に立ちたい」という志を強く感じました。素敵な方でした。

 

その後は、富良野市のカットハウス飛来の平井英ニ先生を加えてのトークセッション

img_2153

平井先生のバイブルは齋藤真嗣(まさし)医師著の「体温を上げると健康になる」
現在は70万部を超えるベストセラーです。

img_2154

平井先生は、カラーやパーマの前に必ずお客様の体温を体温計で測っていただきます。
その後に、施術前に姫路の天然水を頭皮から浸透させます。そうすることで体温が低い方でも必ず体温が36.5度近くまで上がるのです。
免疫美容施術です。より安全で安心な施術をお客様に提供しては、延7,000名以上の方々に笑顔を届けています。

あらためて化学物質との関わり方で、私たちが出来ることを考える良い機会となりました。

人と出来事との「出会い」に感謝ですm(__)m

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 昨日、あるサロン様からZIP-umoの500mlを5本ご注文をいただきました。
  2. 「アルバニアをカラー後にシャンプーボールにお湯ためて使用したら落ちきれなかったカラー剤の汚れが落ちた...
  3. 日本一予約が取れないヘッドスパ専門店では、キャンセル待ちが25万人を超えているという事実は衝撃でした...
  4. 25年ほど前、環境NPOの活動を一生懸命していた。
  5. 今年のGWは前半2泊のキャンプ。

カテゴリー

アーカイブ