奇跡の物質「フルボ酸」とは?
フルボ酸アイキャッチ

ヒマワリプロジェクトはじめ、世界的に放射性物質を原子レベルで無害化・軽減する可能性があると言われているフルボ酸。チェルノブイリ原発事故の際、フルボ酸が被爆治療に使われたことは広く知られています。
また、東日本大震災においても、汚染海水の放射性物質の減少が確認されています。
九州大学で常温核融合や原子転換を研究されている高尾先生は、フルボ酸が放射性物質を分解している理由について、「ナノオーダの六員環の化学構造がギッシリ含まれているため、この六員環化合物の数だけ螺動ゼロ場が多数形成され、そこから情報量子エネルギー( 光子、ニュートリノ、電子 )が対発生する。その結果、セシウム(55Cs) は電子欠損の無害なバリウム原子ラジカルイオンになる。」(ディック・ミヤヤマ著/フルボ酸で健康づくり より抜粋)と説明しています。

では、フルボ酸とはどのような物質なのでしょうか?

フルボ酸

フルボ酸とは、土壌や地下水、地質堆積物、河川、湖沼、海水など、あらゆる環境中に存在する腐食物質の一種です。腐食物質とは、植物(落葉)や生物の死骸が多種多様の微生物によって分解され土を形成していく際に生じる、糖やタンパク質、脂質などに分類されないものの総称で、フルボ酸とは分解の最後に生成される金色の有機酸です。腐食物質のフミン酸の中にごく僅か存在しています。我々人間や動物も0.02%という極めて微量のフルボ酸を有し、植物はより積極的にフルボ酸を吸収する性質を持つと言われています。

その働きは「見えざる神の手」と称される程多岐にわたりますが、特徴的なものを簡単に述べると、

  1. Mitochondrion cross section生体にとって必要なものを必要な場所にサプリ(供給し)、不必要なものをデトックス(排泄)する。
  2. 生体にとって必要なものを合成し、不必要なものは分解する。
  3. 必要によっては元素転換する。⇒必要な元素を作りだす。
  4. 細胞内のミトコンドリアを活性化し、エネルギーの生産性を高め、新陳代謝を促進する。

等があげられます。

つまり、私たちの生体内で行われている生命反応(化学反応)の維持・制御に深く関わっている物質がこのフルボ酸なのです。

例えば、過度のストレスが万病のもとであることは周知の事実ですが、過度のストレスは体内からミネラル(金属イオン)を流出させ、ミネラルバランスを崩します。ミネラルバランスが崩れると、体内での化学反応が正常に行われなくなるため、万病の元となると言われています。化学反応は電位差によって起こりますが、必要なミネラルを必要な場所に届けることで、ミネラルバランスを整え、体内電位を安定させることがフルボ酸の働きのひとつなのです。

また現代社会ではアレルギーが増えていますが、その70%がヒスタミン異常によるものとの報告もあります。強いストレスは体内のヒスタミンを活性化させることが分かってきましたが、フルボ酸はこの炎症物質ヒスタミンを鎮静化することも報告されています。

img_furubo2

さて、化粧品等にフルボ酸を応用することで、どんな効果が期待できるのでしょうか。
まず考えられるのが、

  • お肌にとって必要な美容成分、有効成分を必要な場所に届けること。
  • お肌の老廃物や酸化物をデトックスしてくれること。
  • 配合成分以外のその人自身のお肌にとって必要な成分を作りだすこと。
  • ミトコンドリアを活性することで、新陳代謝を高めること。
  • 炎症を鎮静化すること。

などの効果が期待できます。

シャンプーに応用すれば上記の働きに加え、抜け毛予防・育毛効果が期待できると言われています。その理由として

  1. 体内で活性したヒスタミンはアレルギーの原因になるだけでなく、毛母細胞を攻撃し抜け毛や薄毛の原因になりますが、フルボ酸はこのヒスタミンを鎮静化します。
  2. 強いストレスは神経細胞のシナプスを切断します。シナプスが切れ始めると白髪の原因となり、全てのシナプスが切れてしまうと毛は生えなくなります。フルボ酸は、この切れたシナプスを繋ぎ、神経再生させる働きがあると言われています。余談ですが、永久脱毛とは、神経を切断する技術の応用です。

だからこそ、各メーカーが、育毛剤や育毛用シャンプーにフルボ酸を応用し始めているのですね。

勿論飲用するで、身体の中からストレスフリーにし、綺麗にしていくことが美と健康のためには大切なことですが、飲用の場合、フミン酸等の不純物を含まない純粋なフルボ酸であることが望ましいと言われています。

自然が作りだした「奇跡の因子フルボ酸」。
昔の自然豊かな地球には、このフルボ酸が十分に存在していました。私たちは豊かな土で育った野菜や果物などからフルボ酸を体内に取り入れることで、0.02%のフルボ酸を維持し、健康を保っていたと考えられています。しかし、開発や砂漠化などで広葉樹が失われ、フルボ酸自体の生産能力が地球から失われているのが現代です。地球からフルボ酸が減ると、地球の浄化作用が失われていきます。また、現代病と呼ばれる原因のわからない病気の数々も、フルボ酸から体内での化学反応が正常に行われない結果なのかもしれません。

フルボ酸で、美しく健康なハッピーライフを、美しい地球を取り戻していきましょう。

product-button

最近の投稿

  1. 基本毎日500mlのペットボトルにこの『黒い水』を作り持ち歩いていて、一日かけて少しずつ飲んでいる。
  2. 理美容室必見の新+メニュー【クイック・スカルプケア】施術タイムはシャンプーの時間をわずか10分延長す...
  3. 【想像してみてください】物静かな空間で、自分自身と向き合うひととき&nb...
  4. ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁会社「PayPay」が今年6月に設立され、新しくキャッシュ...
  5. 11月11日に札幌市で平田雅彦院長の特別講演会がありました。

カテゴリー

アーカイブ