ブログ

in 苫小牧

今日は、苫小牧のビーワンサロン・トリムタブのO夫妻が主催する
「ともしびの巡礼」?ワタリガラスの神話と祈りの音?に出席させていただいた。
ガイヤシンフォニー3番に出演されたアラスカ先住民クリンギット族・ボブ・サム氏による語りと
同じく6番に出演された奈良裕之氏による世界民族楽器による演奏。
一つ一つの音が共鳴し合いながら、重なりあい、強く大きく響き合って、
幻想的な空間を創造する。
音が「見える」というか、確かな存在感をもって、エネルギーとなって空間を駆け巡る。
その空間の中で、神話の語り手・ボム・サム氏がストーリーテリングを展開していく・・・。
とても懐かしい感覚に浸りながら、
今だからこそ、また違った味わいを体験する。
当たり前のことだが、映画とは全く違うライブ感を楽しませていただいた。
美容室が、地球にとって必要なサロンとなるために、ビーワンを使う。
未来を、地球環境を守るために、ビーワンを使う。
人生の時間の多くを費やす仕事が、地球との共存にあるなら、それは本当に素晴らしいことだ。
そして、人にはまた、自らの魂の輝きのために生きる、
それぞれのステージがある。
個性を輝かせる場所がある。
本当の意味で「自分を生きる」ということは、きっとそういうことなのだろう。
今日のO夫妻の姿を見ていて、そんな思いがわき上がった。
本当にお疲れ様。
そして、素敵なひと時を、ありがとう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. たいふういっか・・・「台風が過ぎ去った後のように、周りが雑然とぐちゃぐちゃになるような騒々しい家族」...
  2. 世界一わかりやすい紙芝居によるケイ素説明会を開催します。
  3. アメリカの小売業をインターネット通販のアマゾンが席巻し、実店舗を展開する百貨...
  4. 秋のキャンプは、星空がとても奇麗で幻想的でもある。紅葉も美しい。虫も少なく快適。
  5. 会社というものは経済活動の基盤でもあるがその法人力を活かして、そこで働く人たちの夢を応...

カテゴリー

アーカイブ