ブログ

ヴィーダフル研究会発足

image

最近、LINEグループで、V(ヴィーダフル)研究会が発足しました。

それぞれの雑感、疑問質問、体験談など、活発な意見交換の場となっていて、

ヴィーダフル社製品の活用の幅も広がる気配を感じます。

やはり、実際の現場の声は強いですね。勉強になります。

今日は、そこで語られた松村講師の体験談を2点ご紹介致します。

何かの参考になればと思います。m(_ _)m

<1つ目のお話し>

『先日のお客様の事をお伝えします。そのお客様はかなりの敏感肌です。

今迄はABローションに30%のABゲルを混ぜてプレケアをして薬剤はローションだけを混ぜて塗布していました。

それで、しみる事は無いのですが家に帰ってから地肌があまりいい状態では無かったのです。

それでも、本人はしみない毛染めが出来ているだけで満足されていました。

でも、先月はローションだけでプレケアをして(霧吹きでプレケアをしたいため)

薬剤の方にABゲルを混ぜてしてみました。(ローションとゲルを半々)

当然しみる事は無かったのと先日来られてお聞きしたら

家に帰ってからの頭皮の状態が今迄で一番良かったそうです。

敏感肌の方へのゲルの使い方はプレケアに混ぜるよりも
薬剤に混ぜた方がいいのかな?って思いました。参考までに(^^)』

<2つ目のお話し>

『ヴィーダフルサロンのオーナーから相談を受けました。

内容は

紹介で来られたお客様。今迄、原液でパーマとストレートを繰り返し、
どうにもパーマがかからない髪になっているということで

2回トライしたが、やっぱり かからないと、どうしたらいいですか?って質問でした。

僕がお伝えした内容は

(1)プレケアをした後ドライしてABL:パーマ液=8:2で、
その総量に対して10%のゲルと、10%のPPTを入れてワインディング
(補足説明 2割のパーマ液があることでPPTが毛髪内に浸透しパーマがかかるのではないか?)

(2)ワインディング後の塗布はABLとパーマ液= 1:1 ゲル10% 放置タイムは2~7分
(ABゲルを入れるのと入れないのでは、大分違うように思います。

他の注意点は、
??中間水洗を必ず行う
??テストカールを早めにすること

結果しっかりとかかりました。

写真がこれ↓

image

実はストレートのお客様が、毛先にはパーマをかけたいと希望される方にしている方法です。』

いかがでしょうか?

不定期ですが、様々な情報をご紹介させていただきます。

〈一部、松村さんに確認して、加筆させていただきました。〉

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 冬至以降、少しずつ陽が長くなっていくことが嬉しい。
  2. みなさん、こんにちは。橋本 浩です。
  3. あけましておめでとうございます。2018年がスタートしました。
  4. 2017.12.26

    年末のご挨拶
    弊社は明日27日の営業をもって、年内の業務を終了させていただきます。
  5. 昨年の夏以降、リサイクルショップの売上げに陰りが見え始めたようだ。

カテゴリー

アーカイブ