ブログ

web活用できてますか?

itsupport

 

美容室にせよ、居酒屋にせよ、新しいお店に行くときには必ずと言っていいほど、ネット検索で情報を得ることが当たり前の時代となった。それなりにご高齢の方ですらスマホを持っている時代。webサイトを持っていないと、展示会や物産展等に出店できない業種もあったりする。

 

一般にwebサイトは、仮想空間上の名刺的な役割と同時に、そのお店や会社の業務内容やこだわり、強味、個性、そこで働く人々などを事細かに紹介することができるツールでもある。言わば、会社案内的なものだ。そこがFacebookやインスタグラム、TwitterなどのSNSとは大きく異なる点でもある。個人であれ法人であれ新規のお客様にとっては、その企業やお店を冷静に客観的に判断する場合には、やはりSNSではなく、webサイトの存在が情報量の観点からも不可欠になる。ただし、既存化したお客様にとっては、常に新しい情報を提供するSNSの手軽さが活きてくる場合も多い。

つまり同じように見えて、webサイトとSNSは、その役割が大きく異なるということだ。

 

そしてSNSが一般化したことによって、webサイトの活用の仕方も大きく変わってきた。webサイトとSNSを連動させることで集客ツールや販売促進ツールとしての活用が求められるようになってきた。ブログを書けば自動的にSNSに連動することが一般的だが、正直、ブログを書くことすら一苦労という人も多い(笑)。しかし、webサイトは動きが鈍いと閲覧数が明らかに減ってしまうので、逆にSNSに投稿すればブログに連動するというお手軽な機能で、webサイトを活用するということをおススメしている。

某大手ブログサイトを活用している人も多いが、その機能が多機能になりすぎたため、検索エンジンにはひっかかりにくいということを知る人は少ない。最近では、よりシンプルなwebサイトがユーザビィリティも高いとされ検索上位に表示される流れになってきている。どれだけ立派で華やかなwebサイトでも見てもらえなければ意味がない。シンプルでいて、使い勝手がよく、見やすく楽しいサイトが求められるのが、これはもうweb技術者の力量次第という事になる。

 

webサイトがあっても意味がない・・・という人もいるが、それは単に戦略的に活用できていないだけ。webを活用して集客や販売に活用できている会社やお店もたくさんある。弊社ですらwebサイトを意識的に活用し始めてから、新規のサロンさんからのお問い合わせやサンプル請求もちょくちょくあるようになった。そして面白いのは、講習会のチラシなんかをDM発送すると、webサイトの閲覧数が格段に上がるという事だ。日本環境科学という会社は何者なのか? と、ちゃんと見てくれているのだ。

 

今までは出会えなかった人たちと繋がれる魅力と可能性が、そこにはあるのだ。

 

 

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 就職したら犬を飼うこと。
  2. 基本毎日500mlのペットボトルにこの『黒い水』を作り持ち歩いていて、一日かけて少しずつ飲んでいる。
  3. 理美容室必見の新+メニュー【クイック・スカルプケア】施術タイムはシャンプーの時間をわずか10分延長す...
  4. 【想像してみてください】物静かな空間で、自分自身と向き合うひととき&nb...
  5. ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁会社「PayPay」が今年6月に設立され、新しくキャッシュ...

カテゴリー

アーカイブ