ブログ

「見ているはずの景色」7月21日号 心のメール通信『Win Win』

おっはようございま?すV(^0^)
今朝は「見ているはずの景色」です。
『♪ぞうさん ぞうさん お鼻が長いのね
そうよ 母さんも 長いのよ?♪』
『♪?一年生になったら ともだち100にんできるかな?』
これはほんの一部ですが、国際アンデルセン賞、日本芸術院賞など、
数々の賞を受賞され日本の児童文学をけん引してこられた、まど・みちおさんという詩人の作品です。
現在103歳!
ある番組で女子高生がまどみちおさんにこう質問しました。
『恋と愛の違いはなんですか?』
あなたなら、なんと答えますか?
もちろん答えは、ひとつではありませんが、
まどみちおさんは、こう答えました。
『恋は人間が対象になるが、愛は森羅万象あらゆるものに与えられる』と。
いやぁ?素敵なお答えですねV(^0^)
まどみちおさんの感性からくる表現は
素朴で、柔らかく、
そして、その表現であるから感じられる、読む側の感性に委ねてくれる景色を見せてくれます。
例えば、、
『(コオロギの声を)手にすくいたい』
『(おんがくに)ほほずりしていたい』
『目でなら さわっても いい?』
見えるもの、見えないものを五感で感じる、風景がいっぱいですV(^0^)。
そんな感性から表現した、こんな景色はいかがですか?
////////
『けしき』 詩:まど・みちお
けしきは 
目から はなれている
はなれているから 見えて
見えているから 
けしきは そこに ある
あの雲の下に つらなる
山々の けしき
Sのじをかいて 海へとはしる
川の けしき
けしきの うつくしさは
ひかるようだ
よんでいるようだ
いたいようだ
見るものから
いつも
はなれていなければならないからだ・・・
自分が そこに
ほんとうにたしかに あるために・・・
////////
深イイですね!
『自分が見ている景色(人生)と重ねて感じてみる』
すると、、
自分が見ているはずの常識感や固定観念という景色から、
違うモノが立体的に浮かんで来ませんか?
今日も、日常を違う角度から感じてみましょう。愛を持ってV(^0^)
限りある命
今日生きてる、自分自身にありがとう
今日も早速、天国言葉を言いましょう!
「愛してます」
「ツイてる」
「うれしい」
「楽しい」
「感謝します」
「幸せ」
「ありがとう」
「ゆるします」
『あなたにすべての良きことがなだれのごとく起きます』
笑顔で人にやさしい素敵な一日を!
橋本浩

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 2019.2.18

    公園天国
    12月は雪が例年より少なくて「このままいけばいいなぁ」と思っていたが、年が明けて1月はドカッと雪が降...
  2. 妻「これ、婦人科系にいいかも?」  私「ん?婦人科系??」妻「腰の重だるさが楽になった〜。
  3. 2019.2.6

    群青
    群青ああ あの街で生まれて 君と出会いたくさんの想い抱いて 一緒にときを過ごしたね今 旅...
  4. 2019.2.4

    67,571
    67,571? この数字はなんだと思いますか?これは、平成30年中に札幌市に引っ...
  5. 1月20日札幌市、1月21日旭川市で、ヴィーダフル・スカルプセミナーを開催しました。

カテゴリー

アーカイブ