ブログ

お星様になったぴーちゃん

00171.jpg
ついに、ぴーちゃんが逝った。
高齢であったぴーちゃんが、止まり木から落ちたのが三か月ほど前。
「もう、だめかもしれない・・・」と幼少のころから鳥を飼っていた妻の言葉を裏切り、
それでも三か月も生きてくれた。
しかし、ここ一週間ほどは、ほとんど餌が食べれなくなった。
水も、注射器で与えていた。
手に取ると、嘘のように軽くなっていた。
昼過ぎ、妻がぴーちゃんの様子を見に家に戻ると、
ぴーちゃんは息を引き取っていたそうだ。
ぴーちゃんは、俺が初めて飼った鳥だった。
迷いインコだったが、人馴れしていて、手や肩にのったりして遊んでくれた。
相棒のぽーちゃんが来てから、また、ワンコが2匹から4匹に増えてからは、
遊ぶ機会も減ってしまったが、とっても優しい子だった。
家にきて6年半、正確な年齢は定かではないが、家族の一員として過ごしてきた。
そんなぴーちゃんが逝った。
まりもの大好きだったぴーちゃんは、お星様になった。
ぴーちゃん、ありがとう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 演題「自己治癒力の高め方」「病気の本質」「環境問題と健康」(写真は2018.11.11....
  2. 10連休のGWが終わった。おそらく10日間の休みは、社会人になってから初めて。
  3. メディア掲載日本一のスパニストから学びディプロマを取得した極上のヘッドスパが伊達市の麗人...
  4. ラーメン特集の本なんかを見ていると、本当に美味しそうで行きたくなってしまいますね(笑...
  5. この土日、今年2回目のキャンプに行ってきましたぁ~。

カテゴリー

アーカイブ