早いもので明日から9月。公園に行ってもたくさんのトンボが飛びはじめていて「ああ、夏も終わりだなぁ~」と少し寂しく感じる。

 

さて、面白い商品が人気になっている。

その名もオニヤンマ君。いわゆるオニヤンマのフィギアで、キャンプなんかでテントやタープに吊るしておくと、アブや蜂、蛾などオニヤンマに捕食される虫たちが寄ってこないという自然原理を利用した虫よけグッズだ。「本当に効果あるのか?「」と思いながらもとても気になっていた。

 

早速自分も購入しようとしたが欠品で、納期にはひと月かかるらしい。どうも手作りのようで量産できないそうだ。注文しても届いたころには虫の少ない季節になっているのでとりあえず今回は見送り(笑)

さて、ちょっと調べてみると昆虫にも脳があって、学習や記憶をしているそうだ。本来、蝶が好まない色紙の上に何回も密を与えると、その色紙を見せただけで口吻を伸ばして餌を探すようになるらしい。ということは、トンボに捕食されている昆虫にとっては、トンボ界最強のオニヤンマはきっと避けて通りたい一番の昆虫に違いない!と来年は絶対買うことにした(笑)

キャンパーの間では、自然のハーブ等を利用した虫よけスプレーや昔ながらの蚊取り線香が人気だが、このオニヤンマ君を知った時はまさに「目から鱗」「灯台下暗し」だった。おそらくキャンプブームにならなければ、ほとんど売れない商品だったに違いない(笑)

 

すべての答えは自然の中にある。病気やウイルスに対する答えも。

そう思わせてくれた。

 

 


The following two tabs change content below.
北出敏行

北出敏行

代表取締役
ワンコとキャンプが大好きです。キャンプスタイルは、夫婦+ワンコ、ここ20年、ずっと4匹のワンコと暮らしてきましたが、立て続けに2匹(バーニーとミニチュアダックス)をお空に還し、今はボーダーコリーのまりりん(女の子)、黒ラブのアンディ(男の子)との生活を楽しんでいます。
北出敏行

最新記事 by 北出敏行 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です