先日の秋田出張でのこと。JALの機内誌で浅田次郎のエッセイを読んだ。

内容はこうだ。自宅に海外から手紙が届く。辞書を片手に訳してみると、「あなたには海外に親戚がいて、その方が莫大な遺産を残している。受け取るための手続きを開始してほしいと・・・。」海外に親戚がいると聞いたことはないが、あり得なくもない。迷った挙句、そのまま放置したという内容。

 

さて、今朝会社に自分個人宛にスペインからFAXが届いた。訳してみると

 

『あなたには、デビット キタデという親戚がいて、2008年5月12日中国の四川大地震で亡くなったが、750万ユーロ(9億円)の遺産があり受け取りの手続きをしてほしい・・・。』という内容。

とっさに前述の浅田次郎のエッセイを思い出した(笑)。

面白おかしい空想話かと思っていたが、本当の話だったとは・・・。

 

誰か、私の代わりに手続きしてみますか(笑)?


The following two tabs change content below.
北出敏行

北出敏行

代表取締役
ワンコとキャンプが大好きです。キャンプスタイルは、夫婦+ワンコ、ここ20年、ずっと4匹のワンコと暮らしてきましたが、立て続けに2匹(バーニーとミニチュアダックス)をお空に還し、今はボーダーコリーのまりりん(女の子)、黒ラブのアンディ(男の子)との生活を楽しんでいます。
北出敏行

最新記事 by 北出敏行 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です