今年もあとひと月。

キャンプ場のほとんどが営業を終えたが、昨今のキャンプブームと冬キャンプ対応のキャンプ場も増えたことで、薪ストーブやら高額な寝袋なんかも売れまくっているらしい。一昔前は、夏のキャンプシーズンが終わると、そのシーズン売れ残ったキャンプ用品はセール品としてたたき売りされたが、ここ北海道でも通年キャンプが当たり前になってきてシーズンオフにキャンプ用品をお安くゲット・・・という楽しみがなくなったことが哀しい(笑)。

 

 

さて、雪の便りが聞こえ始めると自分もキャンプからは遠ざかる。が、去年までは月に一度くらいはストーブを複数台持ち込んでの冬キャンプやちょっと遠くへ出かけたくなって車中泊なんかを楽しんだものだが、今年はイマイチその気になれない。冬場ですら混んだキャンプ場で気兼ねするのも何だか・・・だし、寒くてテントでお籠りキャンプをするくらいなら、暖かい家で過ごしたほうが快適だと歳のせいか思うようになってきたからだ(笑)。

 

 

そんなわけで土曜日はほとんど、朝からアンディとまりりんを連れてドライブに出かける。昨今はインターネットのおかげで、欲しい情報が簡単に手に入れることができる。基本の3項目は以下の通り。

①ワンコを自由に遊ばせる場所があること。

②魅力的な温泉があること。

③美味しい料理が食べれること。

 

例えば一例をあげると、白老のヨコスト湿原。ここは背後に太平洋に面した砂浜が広がる。人気もほとんどなくワンコをフリーで遊ばせることができる穴場だ。積雪が少ないことも魅力。

昼食は虎杖浜の「三春」。ここの天丼は絶品で休日には遠方からも多くの人が訪れる。

そして温泉は、虎杖浜温泉、登別温泉、カルルス温泉と選び放題(笑)。

 

こんな感じで片道2時間以内を目安に天気予報を見ながら、登別室蘭方面、小樽余市方面、日高方面、滝川方面などへと行き先を決めて出かけるのが冬場の土曜日の過ごし方だ。

道内の観光スポットはほとんど行き尽くしたが、地元に根付き愛されている食堂なんかは、この便利になったご時世だ知ることができる宝物。前述のヨコスト湿原なんかもインターネットがなければ、絶対に知りえないスポットのひとつでもある。

さて、今週はどこに行こうか・・・。

 

 

 


The following two tabs change content below.

北出敏行

代表取締役
ワンコとキャンプが大好きです。キャンプスタイルは、夫婦+ワンコ、ここ20年、ずっと4匹のワンコと暮らしてきましたが、立て続けに2匹(バーニーとミニチュアダックス)をお空に還し、今はボーダーコリーのまりりん(女の子)、黒ラブのアンディ(男の子)との生活を楽しんでいます。

最新記事 by 北出敏行 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です