ブログ

天を恨まず

岩手県気仙沼市のある男の子が、大震災を乗り越え今は高等専門学校にすすみ、地域への貢献のために一生懸命勉強をしているというニュースを見ました。
彼が3月の卒業式で読んだ答辞が、大変な感動を呼んだそうなのです。
涙を必死でこらえながら「天を恨まず助け合って生きていく」と誓っているその姿。しばらく涙が止まりませんでした。
http://www.youtube.com/watch?v=OoDgQ3DQTH4
原文です。
『階上(はしかみ)中学校と言えば防災教育と言われ、内外から高く評価され、十分な訓練もしていた私達でした。
しかし、自然の猛威の前には人間の力はあまりにも無力で、私達から大切なものを容赦なく奪っていきました。
天が与えた試練というにはむごすぎるものでした。つらくて悔しくてたまりません。
しかし、苦境にあっても天を恨まず、運命に耐え、助けあって生きて行くことがこれからの私達の使命です』
大きな大きな言葉。ありがとうございます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の投稿

  1. 究極のヘナが誕生。
  2. 世界的なミツバチの減少が叫ばれて久しい。
  3. 演題「自己治癒力の高め方」「病気の本質」「環境問題と健康」(写真は2018.11.11....
  4. 10連休のGWが終わった。おそらく10日間の休みは、社会人になってから初めて。
  5. メディア掲載日本一のスパニストから学びディプロマを取得した極上のヘッドスパが伊達市の麗人...

カテゴリー

アーカイブ